TBC赤羽店でうなじの脱毛

TBC 赤羽

私は思春期の頃から女性なのに毛深いこと、毛の質感がしっかりしていることに悩んでいました。ムダ毛処理にはカミソリや女性用シェーバーを利用していましたが、ムダ毛が無くなる、減った、といった実感は出来ず、自己処理を続けてきました。

その後、光脱毛を経験するものの、うなじがお座なりになっていることに気付いて、TBCでうなじの脱毛をしているところです。

光脱毛で悩み軽減

20代に入り光脱毛を経験し私の脱毛人生は大きく変わりました。しかし1回照射しただけでは終わらず、回数を重ねないと毛の量が減らない光脱毛には毛深い私は何度も通うことになり金銭的にも体力的にも苦痛を感じました。

しかし思春期の頃の悩みは光脱毛の回数とともに徐々に減り、ムダ毛の量も悩むほどでは無くなりました。30代になり見えるところの脱毛は自分の納得のいく効果を得ていましたが、自分のうなじに対してノータッチであったことに気づきました。

気づくと必要以上に気になり通勤時に周りの女性のうなじを頻繁に見てしまう、通りすがりの人のうなじをつい観察してしまう日々が続きました。綺麗なうなじの人もいますが、薄い毛が渦を巻くような人を見かけると、さらに自分のうなじが気になり始めました。

うなじの脱毛のためサロン探し

うなじの毛の自己処理を色々試しましたが、見えないという大きな壁と肌を痛めてしまうことも考えプロにおまかせした方が確実で安心な選択だと思い脱毛サロンを探し始めました。

うなじは脱毛面積が狭いので低料金であることを知り、通い放題のサロンや20代の頃に通っていたサロンよりも低料金のサロン、施術方法もブラジリアンワックス、光脱毛、医療機関で行うニードル脱毛と様々です。

以前通っていた光脱毛ではサロンによって効果が違うことを体感していたのでサロン選びは慎重に時間をかけました。

TBCにスーパー脱毛がよさそうなので体験コースに申し込み

光照射の脱毛サロンで照射中の痛さや施術後の肌の熱くなる感じは理解していたのですが、最低6回以上の回数を重ねるという点が不満で光脱毛以外の脱毛サロンを探している中、TBCスーパー脱毛に興味を持ちました。

医療機関でしか取り扱えないニードル脱毛について、もうすぐ50代になる女性から20代の頃の脱毛はニードル脱毛しか無かったと聞いたことがあり知識がありました。ニードル脱毛とは、針を毛穴に刺し弱い電流を流して毛根と毛乳頭を破壊する脱毛方法です。これが激痛だが全く毛が生えてこないと聞いていました。

TBCスーパー脱毛では針の代わりにプローブという機器を使います。ニードル脱毛の針とTBCのプローブの違いは、プローブは先端が丸くなっていて皮膚を傷つけずに毛穴に挿入できるのでニードル脱毛に比べ痛みが少ないのです。

この機械はTBCが開発し特許を取っています。この機械を使用したTBCスーパー脱毛というコースで一度処理を完了した毛はもう生えてこないというWEBページの説明にとても興味を持ち、40本500円の体験コースを申し込みました。

TBCでは自分にあった脱毛方法を選択することができます。

エステティックTBCの評判まとめ
エステティックTBCは、1976年に設立され、40年もの歴史がある大手のエステサロンなので、知らない方がいないくらい有名な脱毛サロンです。 TBCの脱毛の最大の特徴は、脱毛方法を「ライト脱毛(光脱毛)」「スーパー脱毛(ニードル脱毛)」から選ぶことができ、「自分に合った脱毛方法を選べる」ところです。 他の脱毛サロンでは、脱毛方法を選択することはできませんがTBCでは2種類...

TBC赤羽店を選択

予約したのは自宅からも近く、仕事帰りでも通いやすいことを優先しTBC赤羽店を選びました。予約日当日エレベーターを降り、お店のドアを開けると加湿器の暖かさと柔らかい香りに高級感を感じました。

ウォーターサーバーのお水をいただきながら待っていると個人情報を記入するカード、施術の説明の用紙とお茶を渡されました。お茶を飲みながら名前、生年月日や今までの脱毛の箇所、回数を細かく書き込み、希望の施術個所を記入しました。

記入後に担当のエステティシャンの女性に個室へ案内され、肌の状態や体験するマシンの説明、どの様に脱毛が完了するかを詳しく説明を受けました。私はうなじの毛の悩みや自分の目で見えない不安を伝え、うなじの毛量に対して施術する回数や範囲を判断してもらい料金を出してもらいました。初めに提示された金額は65000円ほどで、550本を3回で施術する内容でした。20代の頃に通っていた光脱毛の総費用を考えると決して高くありませんが、想像以上に高額だったため考え込んでしまいました。とにかく体験するために施術ルームへ移動します。

施術体験の内容

施術ルームでは、うなじの施術のため下着は着用せずタオル生地のボタンで留めるラップタオルに着替えました。着替えるとエステティシャンが入ってきて、うなじの写真を広範囲、部分、背中と撮りました。

ベッドに腹ばいになり、背中をエステティシャンに見せる格好になるので施術中の光が直接、自分の目に当たることはありませんが、念のためにサングラスの様な眼鏡を着用するように言われました。

施術はプローブという細い針を毛穴に入れ毛根を一本一本焼いて行きます。私はニードル脱毛の強烈な痛みを聞いていたので、激痛を覚悟していました。しかし、痛みはありますが会話しながら施術を行える位の痛みでした。

エステティシャンによると痛みは施術個所、また個人によって違うようです。皮膚が厚いところは比較的痛みが弱く、逆に皮膚が薄い顔やデリケートゾーンは痛みを強く感じる場合があるそうです。私のうなじの場合は細い針でチクチクされている感覚でこれなら耐えられると感じました。

契約内容

体験後に自分の洋服に着替え施術ルームから個室に戻り、体験の感想やアフターケアの方法について説明を受けました。初め提案された金額が自分の想像以上に高額だったこと、希望金額は60000円以内であることを伝えると施術の本数、回数、アフターケアの化粧品を見直してもらい59000円になりました。

エステティシャンの契約を絶対成立させる!という強引な態度も無く、私が65000円では通えないという意見に対して親身に対応してくれました。アフターケアの化粧品は普段使っている化粧水で代用できることや、保湿を大切にすることを教えてくれるなど、金額と肌に対して私が納得のいく内容になりました。

私はエステティシャンへ初回の説明時に自分の脱毛への思いを理解してもらうことを優先し、後々通っていて嫌にならないためにも、これまでの脱毛経験や不満について正直に話しました。目的は自分では確認できず自己処理が難しい、うなじの脱毛ですが、30代の今だからこそ料金だけでは脱毛サロンを選べません。

それが過去の脱毛サロン選びと大きく違うところです。料金に加え、技術、結果、通いやすい場所など等身大の自分に譲れない条件を明確にし、脱毛サロンを選びました。低料金のサロンやもっと通いやすい場所にあるサロンもありましたが結果的にTBCを選びました。

うなじの脱毛に関しては、こちらでも値段の相場や施術回数について確認できます。

うなじの永久脱毛ってどれくらいの値段なの?必要な施術回数は?
普段うなじを意識することはなくても、ヘアスタイルをアップスタイルでキメたい、背中の開いたドレスのバックスタイルをキメたいなどというときになると、必然的にうなじの美しさが気になり始めます。 そして、このようなときに役立つのがうなじの永久脱毛ですが、それを受けるに当たっては、その値段やな施術回数などを知っておく必要があります。 それでは、うなじの永久脱毛の方法や施術を受けるに当たっての注意...

段々と気温が上がりアップスタイルの髪型が増える夏前にうなじの脱毛を完了したかったので2018年3月から2か月起きに通っています。この夏は憧れのつるんと綺麗なうなじを手に入れて、思い切りアップスタイルの髪型を楽しみます。

TBC赤羽店へのアクセス

赤羽の東口を出たら、洋服の青山のビルを目指します。大きいので目立ちます。その6階にTBCの赤羽店がありますよ。

住所:東京都北区赤羽2-16-3 セキネビル6F

電話:03-5249-1911