髭脱毛を後悔しないために。知っておきたい失敗談とその予防策

髭脱毛 失敗 後悔

永久脱毛をすると、施術した部分からは髭が生えてこなくなります。毎日の髭剃りが楽になったり、青髭状態が改善されたりというように、髭脱毛をすることでこれまでの悩みやコンプレックスを解消することもできます。しかし、施術を受けた人の中には、髭脱毛をしたことを後悔している人もいるようです。髭脱毛を後悔することになったのはどうしてなのか、実際にあった失敗談をもとにその予防策についてみてきましょう。

施術中の痛みに耐えられなかったケース

髭脱毛を後悔する要因として特に多いのが、施術中に感じる「痛み」です。中には痛みに耐えきれず、脱毛の途中で施術を受けられなくなってしまう人もいます。

髭脱毛は痛みを感じやすい

脱毛の施術では、ムダ毛の処理をしたい部分に特殊な光を照射します。毛根内にあるメラニン色素と光が反応することで生じる熱のパワーによって、毛根を弱らせていくのです。

この時、肌に痛みを感じることがあります。痛みの感じ方には個人差があるため一概には言えませんが、「指ではじかれる程度」と表現する人もいれば「輪ゴムではじかれるような強いもの」と表現する人もいます。

髭は他の体毛に比べて濃いうえ、顔の皮膚は他の部分よりも薄くなっています。そのため髭脱毛の施術は、他の部位よりも痛みを感じやすい傾向にあるようです。

痛みを抑えた施術を行うサロンを選ぼう

髭を完全に脱毛するためには、何度か施術を受ける必要があります。そのため「痛みに耐えられず施術を最後まで受けられない」というのでは、髭脱毛を完了させることができません。

痛みに不安がある方は、痛みを抑えた施術をしている脱毛サロンを選んではいかがでしょうか。脱毛サロンでは医療行為ができないため麻酔を使うことはできませんが、冷却ジェルを使ったり、痛みが出にくい脱毛器を使ったり、施術部位を冷やしながらなるべく痛みが出ないように施術をしたり…といった対策をしている脱毛サロンはたくさんあります。

施術方法や使用機器についてはホームページなどで公開されていますので、事前に調べておきましょう。

施術を受けた後に肌荒れしたケース

髭脱毛を後悔する要因には、「施術後に肌荒れしてしまった」というものもあります。施術を受けた後に肌が赤くなったり、肌荒れしたり、毛嚢炎ができたりするのです。

施術後に肌荒れする原因

光脱毛をすると、肌は軽い火傷を負ったような状態になります。光とメラニン色素が反応して熱が生じるとき、肌に刺激を与えてしまうのです。そのため肌のコンディションや肌質によっては、安全な出力で光を照射しても火傷してしまったり、肌が赤くなってしまったりすることがあります。

また施術後の肌はとても敏感な状態になっているため、細菌や雑菌が侵入して繁殖すると、毛嚢炎を発症することもあります。

施術後の肌荒れを予防する方法

顔の皮膚は他の部分に比べて薄くて弱いため、些細なことが原因で肌トラブルを起こしてしまいます。そのため髭脱毛をするときは、施術前に肌のコンディションをしっかり整えておきましょう。特に日焼け直後の肌は、火傷しやすい状態にあります。施術1週間前くらいからは、あまり紫外線に当たらないよう気を付けることをおすすめします。

また施術後の肌は、水分が蒸発して乾燥しやすくなっています。肌は水分を奪われると、本来備わっているバリア機能を働かせることができません。

施術後は、特に念入りな保湿ケアをするようにしましょう。保湿ケアには、天然由来の成分を使っているものや敏感肌用のものなど、肌への刺激が少ない化粧水を使うことをおすすめします。

脱毛サロンの中には、医療機関と提携しているところもあります。こういったサロンであれば、施術中に不測の事態が起こった場合に応急処置や治療をしてもらうことができます。敏感肌の方や肌が弱い方は、医療機関と提携しているサロンで施術を受けるといいでしょう。

施術後に髭を生やしたくなったケース

髭脱毛をした人が後悔する要因として意外と多いのが、「やっぱり髭を生やしたくなった」というものです。

髭脱毛は計画的に

永久脱毛が完了すると、そこからは髭が生えてこなくなります。そのため施術を受けた後に気が変わっても、再び髭を生やすことはできません。

最近はトレンドの変遷が激しく、将来的に「お洒落で髭を生やしたい」と思うようになる可能性もあります。髭脱毛をするときは、どの部分の脱毛をするのか、どの部分の髭を残すのか、といった点についてしっかり検討することをおすすめします。

減毛をするのもおすすめ

髭脱毛をするときは、髭を完全になくしてしまうのではなく、その量を調整するのもおすすめです。というのも光脱毛は、一度の施術で髭を完全になくしてしまえるわけではありません。施術をする度に、少しずつ髭の毛根を弱らせていくのです。

そのため施術回数を調整すれば、髭の量を少なくしたり、髭を細くしたりすることも可能です。

減毛をすれば髭に関するコンプレックや髭剃りの煩わしさから解放されますし、髭が完全になくなるわけではないため、「やっぱり髭を伸ばしたい」と後悔することもありません。施術を受ける脱毛サロンは、こういった部分までしっかりアドバイスしてくれるところを選ぶことをおすすめします。

永久脱毛をしたつもりがまた生えてきたケース

髭脱毛をした人の中には、「施術から数年経ったらまた髭が生えてきてしまった」「こんなことなら高いお金を払って脱毛をしなければよかった」と後悔する人が少なくありません。

永久脱毛の定義とは?

米国電気脱毛協会では、永久脱毛について「最終施術から1か月後の毛の再生率が20%以下になる脱毛方法」と定義しています。つまり永久脱毛は、施術が完了すれば生涯にわたり毛が生えてこない、というものではないのです。

もちろん、施術前の状態まで完全に戻ってしまうようなことはまずありませんが、施術から数年経ったときに髭が生えてくる可能性はあります。髭脱毛をするときは、こういった点も含め、光脱毛のリスクについてきちんと理解しておくようにしましょう。

カウンセリング時に、脱毛効果だけでなく上記のようなリスクについても説明してくれるサロンならば、安心して施術を任せられるのではないでしょうか。

髭が再生してきた場合の対処法

脱毛の施術をした後に髭が生えてきた場合は、再度施術を受けることでこれを処理することができます。永久脱毛後に再生してくる毛はもともと生えていた毛よりも細く薄いことはほとんどですので、数回の施術でも十分な効果が得られるでしょう。

脱毛サロンの中には、「5年保証」「永久保証」といった制度を用意しているところもあります。こういったサロンでは、脱毛後に髭が再生してきた場合、保証期間内であれば再度施術を受けることが可能です。

髭は太ければ太いほど毛根もしっかりしていますので、髭1本1本が太い人、髭の量が多い人は、こういった保証制度のあるサロンでの施術を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

髭脱毛をした人の中には、施術を受けた後でそのことを後悔する人がいます。ただその原因の多くは、施術後に伴うリスクであったり、施術効果によるものであったりします。髭脱毛をするときは、これらの点について理解しておくことをおすすめします。そうすることで、施術を受けてから後悔する、という事態を防ぐことができるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする