髭脱毛にはリスクが伴う!?気になる副作用とその予防法についても解説!

リスク 副作用

髭脱毛を検討している方にとって大きな懸念事項の一つが、施術に伴うリスクや副作用です。いくら髭をなくすためとはいえ、副作用に苦しめられたり跡が残ったりしては、すべてが台無しですよね。ここでは、髭脱毛に伴うリスクや副作用と、これを予防するうえで効果的な対策についてご紹介します。

髭脱毛によって起こりうる副作用とは?

脱毛サロンでは、「光脱毛」「フラッシュ脱毛」と呼ばれる施術が行われています。

これは光の力を活用した脱毛法で、施術部位に特殊な光を照射して毛内のメラニン色素と反応させ、熱を発生させることによって毛根にダメージを与えていくのです。ダメージを受けた毛根は少しずつ弱り、やがて毛が生えなくなってきます。

光脱毛やフラッシュ脱毛は安全性の高い脱毛法だと考えられており、現在、ほとんどの脱毛サロンがこの施術法を採用しています。しかし残念ながら、副作用が起こる可能性はゼロではありません。

実際に報告されている副作用としては、以下のようなものが挙げられます。

火傷や肌の赤み

髭脱毛の施術を受けると、その影響によって火傷や肌の赤み、といった症状があらわれることがあります。

上述のように光脱毛の施術では、光を照射して毛根内に熱を生じさせ、これを破壊していきます。もちろん施術をするにあたっては肌の状態を見極めながら照射する光のエネルギー量を調整するのですが、稀に、火傷をしてしまうことがあるのです。

火傷の程度が重い場合、患部が跡になって残ってしまうことも考えられます。

また火傷までいかなくとも、施術後に肌が赤くなったり、ヒリヒリしたりする方は、結構いるようです。ただし赤みやヒリヒリ感といった症状はあくまで一時的なものであり、翌日~数日後には改善されます。

毛嚢炎などの肌トラブル

髭脱毛による副作用としてはまた、毛嚢炎をはじめとする肌トラブルの可能性も考えられます。

毛嚢炎とは毛穴の中に細菌や雑菌が侵入することによって引き起こされるもので、赤いニキビのようなできものがあらわれます。症状が軽い場合は数日で完治しますが、症状が重い場合、できものが増えたり跡が残ったりすることがあります。

施術時に強いエネルギー量をもつ光を照射された肌は、水分を奪われて乾燥しやすくなります。そして肌が乾燥すると自らを守るためのバリア機能が低下し、その結果として毛嚢炎などの肌トラブルを起こしやすくなるのです。

ただしこういった肌トラブルは光脱毛に限らず、医療脱毛(レーザー脱毛)や自己処理をする場合でも引き起こされる可能性があるものです。そのため「光脱毛=肌トラブルが起こるもの」というように心配しすぎる必要はありません。

髭脱毛に伴うリスクとは?

髭脱毛には、火傷や肌トラブルといった副作用だけでなく、以下のようなリスクも伴います。

施術時の痛み

髭脱毛の施術には、ある程度の痛みを伴います。口の周りや頬、のどのあたりは皮膚が薄く痛みを感じやすいため、他の部位を脱毛する場合よりも痛みを感じやすいのです。

そのため痛みに弱い方にとっては、施術を受けるのが辛いことがあるかもしれません。

ただ最近は施術部位を冷却しつつ痛みを抑えながら施術をしたり、痛みを感じにくい脱毛器を導入したり…というように、多くのサロンが「痛み」に対する対策を行っています。

サロンによっては「初回無料」「初回500円」というように初回の施術料金を無料または格安にしているところもありますので、痛みに関して不安がある方は、こういったサービスを利用して試しに施術を受けてみることをおすすめします。

いくつかのサロンでお試し施術を受けたうえで、自分に合ったサロンと契約する、というのもいいですね。

硬毛化・多毛化のリスク

光脱毛に伴うリスクの中でも特に心配なのが、硬毛化・多毛化のリスクです。

ごく稀な現象ではあるものの、施術部位に光を照射することによって毛根が刺激され、毛が太くなったり、量が多くなったりすることがあるのです。

脱毛をするために行うはずの施術で髭が濃くなるのか…と考えると施術を受けるのが怖くなってきますよね。しかし、そんなに不安がる必要はありません。

たとえ施術によって硬毛化・多毛化してしまったとしても、照射する光の種類を変えたり、使用する脱毛器を変えたりして再度施術をすることで、症状を改善することができるのです。

脱毛サロンによっては硬毛化・多毛化のリスクに備えた保証体制を用意しているところもありますので、そういったサロンならば安心して施術を受けられるでしょう。

髭が生えてこなくなるリスク

これに関してはリスクと呼ぶほどのことではないのですが、髭脱毛をすると、その結果として髭が薄くなったり、生えてこなくなったりします。

そしてサロンで行う光脱毛は毛根を弱らせるものですので、一度生えてこなくなった髭がすぐに再生することは、基本的にありません。

そのため髭の永久脱毛をして完全にツルツルにしてしまってから「やっぱりお洒落で髭を伸ばしたい」と思っても、それを実現するのは難しいのです。光脱毛では髭を完全になくすのではなく「薄くする」こともできますので、施術を受ける前にはツルツルにしたいのか、それとも量を減らすだけでいいのか、よく考えておくようにしましょう。

髭脱毛をするときに気を付けたいポイント

髭脱毛には、様々なリスク・副作用の可能性があります。しかし施術後のケアやサロンの選び方など、いくつかのポイントに気をつければ、様々なトラブルを予防することができます。

日焼けしないようにする

施術後の肌は水分量が不足し、乾燥している状態にあります。そして敏感な状態にある肌に紫外線が降り注ぐと、普段は日焼けだけですむところが火傷のような状態になってしまうことがあるのです。

施術当日から3日間くらいは肌が傷つきやすい状態にありますので、以下のような対策をして、日焼けを予防しましょう。

・連休の初日や、翌日が休みの日などに施術を受ける

・施術後はマスクをしたりマフラーをしたりして、施術部位に日光を当てないようにする

・施術前も、日焼けしないようにする(肌細胞内のメラニンに光が反応するため)

施術部位を清潔に保つ

施術後の肌トラブルを防ぐには、施術部位を清潔に保つことも大切です。

脱毛をした直後の肌はバリア機能が低下し、とてもデリケートな状態になっています。そのため普段はなんでもない細菌や雑菌が原因で、毛嚢炎などの肌トラブルが引き起こされる可能性があるのです。

朝晩の洗顔はもちろん、汗をかいたら柔らかいタオルで優しく拭くなどして、肌表面を清潔に保つよう心がけましょう。低刺激性の化粧水を使って肌の保湿ケアをするのも、おすすめです。

髭を無理に引き抜かない

光を照射した部分に生えていた髭は、すぐになくなるわけではありません。施術後数日かけて、ゆっくり抜け落ちていくのです。

中には髭が抜ける前にピンセットなどで引き抜こうとする方がいますが、これは絶対にやめましょう。ただでさえデリケートな状態にある毛穴から無理に毛を引き抜くと、それが強い刺激になって炎症を起こしたり毛嚢炎になったりする可能性があります。

保証体制の整ったサロンを選ぶ

施術によるトラブルを避けるためには、慎重なサロン選びも重要です。

脱毛サロンの中には、硬毛化や多毛化が起こった場合にしっかり保証してくれるところや、医療機関と提携してトラブルが起きたときはすぐに対応してくれるところなどがあります。保証体制が整ったサロンならば万が一の時も安心ですので、サロン選びをする際は使用機材や施術料金だけでなく、保証体制についてもチェックするようにしましょう。

まとめ

髭脱毛には、様々なリスクや副作用の可能性があります。しかし術後の肌ケアやサロン選びを慎重に行えば、ほとんどのトラブルについては回避・予防することが可能です。現在髭脱毛を検討している方は、施術方法や保証体制なども含め、脱毛サロンの情報収集から始めてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする