髭の永久脱毛|総額費用はどのくらいかかる?

髭 永久脱毛 総額費用

最近は髭に対する意識が男性・女性ともに変化してきたこともあり、永久脱毛を希望する人が増えています。ただ、やはり気がかりなのは施術の総額費用ですよね。髭の永久脱毛をする場合、総額費用はどのくらいになるのでしょうか。また、施術費用はどのように支払うのでしょうか。ここでは、これらの点について詳しくご紹介します。

髭の永久脱毛にかかる総額費用はどのくらい?

髭の永久脱毛をする方法は、次の3種類に分けられます。サロン脱毛、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛です。そして施術にかかる総額費用は、どの方法を選択するのかによって変わってきます。

サロン脱毛をする場合の総額費用

光脱毛の場合、その料金は頬、鼻下、口下、もみあげ、首、顎裏…といった感じで、パーツごとに設定されています。1回あたりの施術費用はサロンによって異なりますが、各パーツ1回につき4,000円~6,000円くらいが相場となっています。

例えば鼻下と口下の髭脱毛をする場合、【2パーツ分の料金×施術回数】が総額費用、ということになります。

光脱毛によって髭の処理をする場合、完全にツルツルにするには約15回以上、半分程度の量にするには約10回以上、髭剃りを楽にするには約6回以上の施術が必要です。そうすると、髭を完全になくしてツルツルにしたい場合、施術費用がかなり高額になってしまいますよね。

脱毛サロンの中にはそういったお客様のために、お得なパック料金を用意しているところもあります。「顔・髭脱毛全体施術5回 78,000円」というように、パーツごとに施術を受ける場合に比べてかなりお得な料金設定になっているのです。

例えばこのパック料金を利用して髭をツルツルにするために15回の施術を受ける場合、総額費用は234,000円になります。

医療レーザー脱毛をする場合の総額費用

医療レーザー脱毛の施術には、健康保険を使うことができません。そのため費用は全額自己負担となり、総額費用は施術を受ける医療機関によって変わります。

施術費用の相場ですが、3部位5回の施術で57,000円~90,000円、髭全体5回の施術で90,000円~120,000円というところが多いようです。

ニードル脱毛をする場合の総額費用

ニードル脱毛の施術料金は、ムダ毛1本単位で設定される場合とパーツごとに設定されている場合があります。

ムダ毛1本ごとに料金が設定されている場合、1本につき100円~140円程度、髭全体の脱毛をする場合の総額費用は27万円前後が相場となっています。パーツごとに料金が設定されている場合も、総額費用は同じくらいになります。

自己処理をする場合とどちらが経済的?

髭の永久脱毛をする場合、安いサロンでも20万円前後の費用が必要になります。そうすると、「自己処理をしたほうがお得なのではないか」と考える方もいることと思います。では、実際のところはどうなのでしょうか。本当に、自己処理をしたほうが得なのでしょうか。

カミソリによる自己処理にかかる費用をシミュレーション

まずは、髭の自己処理をする場合にどのくらいの費用がかかるのか、シミュレーションしてみましょう。

使い捨てのT字カミソリは、特価品であれば10本300円くらいで購入できます。髭剃りは基本的に毎日行うものですので、1日1本使った場合1年で10,950円、10年で109,500円、20年で219,000円かかる計算になります。30年だと、328,000円ですね。

次に電気シェーバーを使う場合についてですが、15,000円のシェーバーを使うと仮定し、これを5年に1回買い替えるとします。そして、1本3,000円の刃を1年に1回交換するとしましょう。これを10年間で考えると、シェーバー2本で30,000円、替え刃10本で30,000円の、合計60,000円になります。洗浄液など本体と替え刃以外にかかる諸経費を50,000円とすると、10年間の総額費用は110,000円になります。20年なら220,000円、30年なら330,000円ですね。

長期的に考えると永久脱毛の方が経済的

上でシミュレーションしたように、自己処理には意外に多くの費用がかかります。では、サロンで永久脱毛する場合と比較すると、どちらが経済的なのでしょうか。

上で挙げた、「顔・髭脱毛全体施術5回 78,000円」のコースで15回の施術を受けるとしましょう。この場合、総額費用は234,000円(78,000円×3)になります。

カミソリを使うと30年で330,000円、シェーバーを使うと30年で330,000円の費用がかかることを考えると、サロンで永久脱毛をしたほうがお得、ということができそうですね。

これまで「自己処理の方が安い」と考えてきた方は、この機会にサロンでの施術を検討してみてはいかがでしょうか。

髭の永久脱毛をするときは支払方法もチェック

自己処理をするよりも経済的だとはいえ、一度に20万円以上もの施術費用を支払うのは、なかなか大変ですよね。そこで注目したいのが、施術費用の「支払方法」です。

施術費用の支払方法は様々

施術費用の支払方法には、いくつかの種類があります。まずは、それぞれの特徴についてチェックしてみましょう。

一括払い

施術費用の支払方法としてスタンダードなのは、「一括払い」です。施術にかかる総額費用を、一括で支払うのです。

支払さえ完了すればそれ以降、金銭的な負担はかかりません。ただ一時的ではあるものの、お財布にはかなりの負担がかかってしまいます。

脱毛ローン

脱毛サロンによっては、独自のローンを用意しているところがあります。これを活用すれば、施術にかかる費用を分割で支払うことができます。

ただし、「ローン」である以上は金利がかかってきますので、その分だけ支払総額が多くなってしまいます。

クレジットカード分割払い

施術費用を分割で支払うのであれば、クレジットカードの分割払いを利用するのもおすすめです。サロン独自のローンに比べて金利が安い場合がありますし、クレジットカードならばポイントを貯めることもできます。

月額払い

脱毛サロンの中には、「月額〇〇円」といった形で月額料金制を導入しているところがあります。脱毛の施術料金はその総額費用を一括もしくは分割で支払うのが基本ですが、月額料金制の場合、月額料金を支払うことで脱毛の施術を受けることができるのです。例えば「月額9,800円・契約期間1年間」という場合、毎月9,800円の支払で1年間施術を受けることができます。

ただし、月額料金制の場合は1か月の施術回数が決められているため、ペースを守ってサロンに通う必要があります。

月額料金制はお財布に優しい!

月額料金制を導入している脱毛サロンの場合、毎月の支払金額を1万円前後に抑えられます。「一度に何十万も払うのはちょっと…」「ローンを組むことに抵抗がある…」という方も、毎月1万円くらいであれば無理なく髭の永久脱毛ができますね。

一昔前は「男らしさの象徴」と考えられていた髭ですが、近年は髭が濃く頬や顎が青みがかっている男性に対して、あまり良くない印象を抱く女性も少なくないようです。髭が濃いことにコンプレックスを持っているものの費用面の問題で永久脱毛を諦めていた…という方は、月額料金制を導入しているサロンでの施術を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

髭の永久脱毛にかかる総額費用は、サロン脱毛によりツルツルにする場合で20~25万円くらいが相場になっています。これは、「安い」と思われがちなサロン脱毛よりもはるかに少ない金額です。ローンや分割払い、月額払いなどを利用すれば、お財布にかかる負担を抑えることも可能です。「サロン脱毛は高い」「永久脱毛なんて自分の収入では無理」と考えていた方も、この機会に髭の永久脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする