高校生・大学生でも髭の永久脱毛は可能?費用についても解説!

大学生 髭

思春期になり体が少しずつ成長してくると、いままでなかった髭が目立つようになってきます。最近は髭が薄い人が好まれる傾向にあることもあり、髭の永久脱毛に興味を持っている学生さんも多いようです。では、高校生や大学生が髭の永久脱毛をすることは可能なのでしょうか。また、施術を受ける場合、どのくらいの費用が必要になるのでしょうか。

高校生・大学生でも髭の永久脱毛は可能?

男性は思春期頃になると、体の成長に伴って髭が生えてきます。ただ10代の頃の髭はまだまだ細く薄いため、定期的にシェービングしていればそこまで目立たない人がほとんどです。

しかし体格や体質が人によって異なるように、髭の太さや量にも個人差があります。また体の成長スピードも、人それぞれ異なります。

そのため10代でも髭が濃い人はいますし、同年代の友人に比べて自分の髭が濃いと、そのことをコンプレックスに思ってしまう人もいるでしょう。

実際、高校生や大学生の中には、髭が濃いことに悩み永久脱毛を検討している人が少なくないようです。近年は髭の永久脱毛をする男性が増加傾向にありますが、学生さんでも、施術を受けることは可能なのでしょうか。

未成年の場合は親の同意が必要

高校生や大学生など、未成年であっても髭の永久脱毛をすることは可能です。

サロンの施術では光を照射してメラニン色素と反応させ、熱を生じさせて毛根を弱らせることで毛の処理をしていきます。そのため毛根さえあれば、たとえ未成年であっても髭の永久脱毛をすることは何の問題もなくできるのです。

ただし施術を受けるためには、「親権者の同意」が必要になります。

永久脱毛をするにあたっては脱毛サロンと「契約」をする必要があるところ、未成年は法律上の権利が制限されているため、本人だけで契約をすることができません。

「親権者の同意」の取り方は脱毛サロンによって異なり、契約時に親権者の同席を求めるところもあれば、親権者への電話確認を取るところもありますし、同意書を持参するだけでかまわないところもあります。

いずれにせよ親権者の「同意書」は必ず必要になりますので、未成年が親に内緒で脱毛の施術を受ける、ということは難しいでしょう。

成人の場合は学生でも脱毛OK!

施術を受ける本人が成人している場合、たとえ学生さんであっても本人の意思だけで施術を受けることができます。

ただしサロンの中には独自にローン制度を用意しているところがあるのですが、学生さんの場合、ローンを組めない可能性があります。

未成年は永久脱毛しないほうがいいってホント?

高校生や大学生など未成年の方が永久脱毛をする場合、ひとつ気を付けておくべき点があります。それは、成人が永久脱毛をする場合に比べ、施術完了後に再び髭が生えてくる可能性が高い、ということです。

脱毛後にまた髭が生えることがある

男性としての体の成長は、男性ホルモンの一種である「テストステロン」の分泌量に強く影響されます。このテストステロンは10歳頃からその分泌量が増え始め、20歳前後にピークを迎えます。

テストステロンの分泌量がピークに達した後は5年ほどかけて体が成熟していきますので、男性としての体ができあがるのは22~25歳くらい、ということになるでしょう。

そしてテストステロンの作用によって進んでいく「男性としての体の成長」には、「髭の発達」も含まれます。

そのため未成年の方が髭の永久脱毛をした場合、施術時点で存在する毛については処理することができますが、施術後に発達した毛根から成長してくる髭については、処理することができません。

つまり体が発達途中にある未成年の方が髭の永久脱毛をした場合、施術後に体の成長が進むことで髭が生えてきてしまう可能性があるのです。

永久脱毛をするには、それなりの費用がかかります。施術を受けて髭がなくなったと思ったらまた生えてきたため再び施術を受ける…となるとお財布にも負担がかかりますので、「どうしても今すぐ髭の永久脱毛をしたい」ということでなければ、髭が成長しきるのを待つのもおすすめです。

保証期間が長いサロンを選ぶと安心

未成年の方が髭の永久脱毛をする場合、サロン選びをする際に「保証期間」に着目してみることをおすすめします。

脱毛サロンの中には、「脱毛保証期間」を設けているところがあります。これは施術後に再びムダ毛が生えてきたとしても保証期間内であれば無料で施術を受けられる、というもので、その期間は2年、4年、6年…といったようにサロンによって様々です。

一般的には2年の保証期間を設けているサロンが多いようですが、19歳で施術を受け始めた場合、2年間の脱毛保証期間があれば21歳までは髭が再生してきても保証制度を使って施術を受けることができるため、体が成長段階にある未成年の方も安心です。保証期間がより長いサロンならば、その安心度はさらに高まりますね。

ただしこの「脱毛保証期間」ですが、サロンによっては「肌トラブル保証」「回数券を使うことができる期間の保証」といった意味でこの言葉が使われている場合があります。そのためサロンの保証内容については、事前によく確認しておくようにしましょう。

髭の永久脱毛にかかる費用はどのくらい?

高校生や大学生の方が髭の永久脱毛をする場合、最も気になるのは「費用」についてでしょう。お小遣いやバイト代によって施術費用を捻出する場合、「どのくらいの費用がかかるのだろう」と不安に思うのは無理もありません。

脱毛部位ごとに設定される施術料金

私たちは口の周りや頬のあたりに生えている毛を総称して「髭」と呼びますが、サロンで脱毛する場合、その施術部位は以下の4パーツに分けられます。

・頬

・口周り(「鼻下」と表記するサロンもある)

・あご

・のど

これらの中でも口周りの髭は顔の印象を大きく左右するため、施術を希望する人が多いようです。対してあごの髭はお洒落でのばすことがあるため、残しておく人もいます。

サロン脱毛では髭を完全になくすのではなく、施術回数を調整することで髭を薄くすることもできます。「髭を完全になくすのはちょっと…」という方は、パーツの選び方や施術回数を工夫してみるといいでしょう。

髭の永久脱毛にかかる費用の目安

詳しい施術料金はサロンによっても異なりますが、口周りやあごなど、狭い範囲の施術に関しては1回あたり2,500円~4,000円のところが多いようです。これに対して頬やのどといった広い範囲の施術をする場合は、1回あたり3,000円~5,000円ほどの費用が必要になります。

効果のあらわれかたには個人差がありますが、「髭剃りの頻度が減った」と感じるレベルになるまでに10回前後の施術が、「ツルツルになった」と感じるレベルになるまでには20回前後の施術が必要、という方が多いようです。

サロンの中には、「髭脱毛パック」「回数無制限パック」などが用意され、お得な料金で施術を受けられるところもあります。サロン選びをする際は、お得なパック料金や割引制度をチェックすることも忘れないようにしましょう。

最近では学生さん向けに、「学割サービス」を提供しているサロンもあるようです。

まとめ

人によっては大きなコンプレックスになることもある、髭。高校生や大学生の中には、髭の濃さに悩まされている人が少なくないようです。未成年が永久脱毛をすることには一定のリスクが伴いますが、コンプレックスを解消して前向きになるため、と考えれば、早い段階での永久脱毛にも一定の価値を見出せます。未成年の方で髭脱毛を検討している方は、ひとまず親御様に相談してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする