脱毛サロンを途中解約するときに、返金保証でお金は返ってくるの?

解約 返金

脱毛サロンに通いたいけど、もしも途中で退会するときに解約はできるの?とか、返金保証はあるの?なんていう悩みを抱えていませんか。

分割払いや月額払いの場合だと、実質的には解約分以降は支払わなくていいことになるので、返金されるのかな?という心配はありませんよね。

そこで、本記事では脱毛料金を一括払いで支払った後解約した場合、きちんと返金されるのか、返金されるとしたら条件は必要なのか、どの程度返金されるのか、いつごろ返金されるのかについてご説明します。

お得な支払方法といえば一括払い

脱毛サロンの契約は思った以上に費用が掛かりますよね。特に全身脱毛の場合は料金も高く、脱毛サロンによっては10~30万円と高額な料金を支払わなければなりません。

そこで、脱毛サロンでは一括払いや分割払い、月額制とさまざまな支払方法を設けています。これらの中でも、一括払いは他の支払い方法に比べると分割手数料などの付加手数料がなく一番割安で支払うことができます。また、一度にまとまったお金を払いさえすればその後の追加費用は不要なので、支払う手間も省けて便利です。

そのため、できる限り出費を抑えたい人にとっては、一括払いが一番お得な支払方法だといえます。

では、一括払いをした場合、途中で脱毛契約を解約すると、お金は戻ってこないのでしょうか。まずは脱毛サロンを途中解約できるのか知っておきましょう。

脱毛サロンを途中解約するのはOK?

一度は脱毛サロンを契約したものの、途中で解約したくなることってありますよね。

例えば、こんな理由が主な原因になっています。

解約したくなる理由

・脱毛効果が感じられない

・予約が取りにくく、取れたとしてもかなり先

・計画通りに脱毛ができない

・施術に時間がかかる

・スタッフとの相性が悪い

・サロンなの衛生環境が悪い

・妊娠した

・出産を控えている

・引っ越しの予定がある

内容を見ていただくと分かるのですが、解約理由は主にサロンン側の理由によるもの、利用者自身の理由によるものに分かれます。

サロン側の理由としては、全身脱毛の施術は60分という触れ込みだったのが、実際は90分かかってしまうというものや、入会前はスタッフが親切で親身になってくれていたのに、契約してみると忙しそうで丁寧さに欠けるというもの、また、どれだけ通っても脱毛効果が得られないというものまでさまざまです。

反対に、利用者自身の理由といえば、契約してしばらくして妊娠が分かり体調が不安定になったことや、出産を控えているので退会したいというもの、転勤や進学などで引っ越しをしなければならないことが挙げられます。

全身脱毛は、全てが完了するまでに約2~3年かかるので、サロンに通っている間に自分を取り巻く環境は変わりますよね。そのため、実際に通っている人でも途中解約を申し出る方はとても多く、脱毛サロン側でも解約を受け入れています。

大手脱毛サロンの場合は、利用者との契約にあたってきちんと退会事由や中途解約についての取り決めを行っています。契約書には返金保証や解約についての事項が織り込まれているので、解約・返金を考えた際はこれらの条項をチェックしておきましょう。

途中解約した場合にお金は戻ってくる?

では、途中解約をした場合、お金は戻ってくるのでしょうか?

まずは、契約して時間が経っていない場合におこなえるクーリングオフについてご紹介しましょう。

クーリングオフとは?

契約してから一定の期間の間であれば無条件で消費者から契約を一方的に解除できる制度のこと。

利用するには条件があり、脱毛サロンでの契約の場合は、

クーリングオフの条件

・脱毛サロンと契約を結んでから8日以内であること

・契約総額が5万円以上であること

・契約期間が1か月以上あること

という条件が付けられています。

クーリングオフの適用にあたっては、契約日から8日以内に相手方に解約の意思を伝えなければならないとされています。その際、クーリングオフにあたっては日付が重要な役割を果たすため、簡易書留や特定記録郵便など控えを残しておけて日付の記録機能がある廃掃法を選びましょう。

また、解約の意思を伝えるときは通知文を作らないといけません。通知文に必要な内容は、以下のようになります。

通知文に必要な内容

・通知日

・解除する旨の文言

・契約年月日

・契約したコース名

・契約金額

・店名(担当スタッフ名)

・支払い済み額の返金を求める文言

・自分の名前

・住所

・返金先の銀行口座名

通知がサロン側に到着することで、クーリングオフが成立して、契約が遡及的に解除されて支払い済みのお金も戻ってきます。

クーリングオフが適用されない場合は?

では、契約からしばらく日が経ってクーリングオフが適用されないけれど、途中解約をしたい場合、解約を申し込んだところで、お金は戻ってくるのでしょうか。

脱毛サロンによって制度が異なるため、代表的なサロンの対応をご紹介します。

ミュゼプラチナム

格安サロンながら、全額返金保証を売りにしています。回数制のコースを契約した場合は、消化していない相当額の残金を全額、両ワキ完了コースの場合は全額返金保証を設けています。

中途解約をして返金希望する場合は、あらかじめ店舗に予約をとった上で、通帳など口座情報をわかる書類を持参の上手続きをします。返金までにおよそ3週間から長くて3か月ほどかかります。

キレイモ

月額制の場合は、毎回利用するたびに支払うようなものなので、解約を申し出ると同時に月々の支払いも止めることができます。その際の解約金制度はありません。

回数制や通い放題の場合は、残っている金額に対して10%か、もしくは最大で2万円の解約金が必要となります。また、返金されるのは残っている回数分の金額から解約金と振込手数料とを差し引いた金額になります。

解約時の返金希望は、店頭もしくは解約に伴う書類を受け取って口座情報など必要な事柄を記載の上返送します。返金までの期間は短く、2週間から1か月ほどです。

銀座カラー

銀座カラーでは、残金の10%もしくは最大で2万円の解約金が必要になります。また、返金額は、施術を受けていない部分に該当する残金から解約金と振込手数料を差し引いた金額が戻ってきます。

解約時の手続きは、店頭もしくは電話口にて解約の旨を伝えます。解約を伝えるのにスタッフと顔を合わせたくない時であれば電話口で解約を伝えても良いでしょう。このとき、入金用の口座情報も合わせて伝えます。手元に資料を置いておくとスムーズに電話ができるでしょう。返金までの期間は3週間~1か月くらいです。

コロリー

コロリーでは、残金の10%もしくは最大2万円以下の解約金が必要になります。返金額は施術を受けていないために残っている金額から解約金と振込手数料を差し引いた金額になります。ただしコロリーの利用は無期限のため、回数が残っているかどうかで返金の有無が判断されます。回数が残っておりさえすれば、月日が経っても返金保証は適用されます。

解約と返金処理を申し出てから入金までは2週間~3週間かかります。

おわりに

返金保証がある脱毛サロンを解約する場合、返金可能性がある場合としては、クーリングオフの適用、もしくは解約を申し出ることでの返金手続きが考えられます。

店頭で返金手続きをする場合、口座情報などがわかる資料を持参しておくとスムーズに手続きを進められます。返金となると焦りがちですが、脱毛サロンでは返金保証についてきちんと対応してくれるので、落ち着いて入金を待ってみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする