脱毛サロンって年齢制限はあるの?40代・50代の脱毛について考えてみましょう

50代 40代 脱毛 

40代、50代になって脱毛するのってもう遅い?という疑問があったとしましょう。

脱毛に対する考え方は人それぞれで、ただ単に毛深い状態を改善したい、毛穴が目立たない素肌を手に入れたいなど、実にさまざまです。

また、脱毛サロンに通う年齢を考えた場合には、比較的若い年代の方というイメージがあるのではないでしょうか?

ですが、近年では40代、50代になって脱毛を受ける方が増えています。

脱毛サロンには年齢制限がある?ない?

どの脱毛サロンであっても、脱毛対象年齢の下限を定めることはあっても、上限を定めることはありません。

未成年の場合ではホルモンバランスが不安定ということもあり、それによって毛周期が安定しておらず、脱毛効果の現れ方が弱いという理由からおすすめしないという脱毛サロンは存在しています。

ですが、40代、50代では毛周期は安定している状態と捉えられ、脱毛を受けられないということはありません。

ですが、ひとつだけ脱毛サロンの光脱毛を受けることができないケースがあります。

それは、脱毛対象部位のムダ毛が白髪になっているときです。

それではここで、なぜ白髪だと脱毛できないのか、その理由についてご説明しておくことにしましょう。

まず、光脱毛の仕組みについて考えてみましょう。

光脱毛は、キセノンランプまたはクリプトンランプというライトを使用する脱毛方法です。

これらのランプの種類によって、IPL脱毛またはS.S.C.脱毛という方法の違いはありますが、いずれの方法もムダ毛の黒いメラニン色素にライトを反応させるという部分では同様ですので、白髪に対する脱毛効果はほぼ得られないと考えることができます。

では、完全に白髪になってしまったムダ毛は、脱毛サロンではどうすることもできないのでしょうか?

白髪になっても脱毛はできます!

脱毛サロンで主流となっているのは光脱毛ですが、脱毛サロンによっては白髪に対応した脱毛方法を採用しているところもあります。

では、それはどのような脱毛方法なのでしょうか?

蓄熱式脱毛

一般的な光脱毛では、ムダ毛の毛根部分に光を照射して、光の熱を毛根組織に蓄積させて機能を弱らせるという原理に基づいて脱毛します。

一方で、蓄熱式脱毛は毛根組織ではなく「バルジ領域」という毛が生成される部分に光を照射しますので、白髪であっても脱毛することが可能です。

この脱毛方法であれば、一般的な光脱毛よりも低い温度の光を照射しますので、白髪に対応できるだけではなく、日焼け肌にも対応できるというメリットがあります。

また、色素が薄い産毛の脱毛も可能ですので、顔脱毛にも向いています。

この脱毛方法は、脱毛サロンでは「ハイパースキン脱毛」と呼ばれることがあり、この脱毛方法を採用している脱毛サロンにはディオーネがあります。

美容電気脱毛

特殊な絶縁張りを使用して、毛根組織そのものを弱らせる脱毛方法です。この脱毛方法では、毛根組織にダイレクトに働きかけてその場でムダ毛を抜くことができますので、白髪であっても脱毛することができます。

この脱毛は、エステティックTBCで取り扱いがあります。

このように、脱毛サロンでは白髪になっても脱毛することが可能です。

ですが、白髪に対応した脱毛機を導入している脱毛サロンが少ないという部分を考えるのであれば、完全に白髪になる前に脱毛を開始することがベストでしょう。

ファッションではなく「介護脱毛」という考え方

40代、50代では白髪の問題もありますが、それよりも気になるのが、若い人に混じっての脱毛はちょっと恥ずかしい…という点ではないでしょうか?

現在脱毛を受けている方の多くは20代、30代であるといわれていますので、40代、50代では、今更?という目で見られたりしないか、とても気になりますよね?

ですが、それは取り越し苦労です。

というのは、最近では将来的な介護を見据えての「介護脱毛」を受ける40代、50代が急増しており、実際に施術を行ってくれるエステティシャンも、この部分については十分に心得ているからです。

もちろん、介護脱毛ではなく、ファッション目的の脱毛であっても施術を受けることができます。

つまり、あなたはご自身の年齢など気にせずに、堂々と脱毛を受けてしまえばいいということです。

また、ほとんどの脱毛エステでは、個人のプライバシー重視のためのパーテーションやカーテンで仕切りをつくり、他のお客さんと顔を合わせることがないような配慮がなされています。

これはカウンセリング時でも同様ですので、40代、50代だけど脱毛したいという方は、この機会に思い切ってカウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか。

気になるのであればこのような脱毛サロンを選びましょう

プライバシーに対する配慮がなされているとしても、隣室からの話し声が聞こえるなど、細かい部分が気になる方は、個室完備の脱毛サロンやエステティックサロンを選んでみてはいかがでしょうか。

現在では、大手脱毛サロンがこぞって価格を下げ、”安い”という部分を前面に掲げて営業しています。

脱毛には時間もお金もかかりますので、安ければそれに越したことはありません。

ですが、そのような安さをウリにしている脱毛サロンの中には、プライバシーよりも価格重視というところもあり、狭い空間の中で大人数の施術を一度に行っている場合では、隣室の会話がまる聞こえというところもあります。

このような脱毛サロンであっても、脱毛を受けるご本人が気にしなければそれで済む話ですが、それが気になるのであれば、個室完備の脱毛サロンで施術を受けるしかありません。

個室完備の脱毛サロンには、エステティックTBC、コロリー、シースリー、銀座カラーがあります。

これらは、脱毛サロンの中でも口コミ評判が比較的良いことで知られていますし、店舗数が多いという点で考えてみても、通いやすいというメリットがあります。

特に銀座カラーでは「通い放題コース」、シースリーでは「生涯メンテナンス保証」がありますので、個室完備でなおかつリーズナブルな価格設定の脱毛サロンをお探しなのであれば、まずはこれらの脱毛サロンでカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

脱毛サロンの注意点について

蓄熱式や美容電気脱毛ではない光脱毛での施術を希望されるのであれば、事前に日焼けをしないように注意しましょう。

上記でもご紹介していますが、光はムダ毛の黒い色素に反応するものであり、白髪のように色素が抜けた状態では反応しません。

ですが裏を返せば、黒く日焼けしているお肌もムダ毛と同時に光が反応する可能性があるということです。

脱毛サロンの光脱毛は、日焼けのレベルによっては受けられないこともありますので、事前の日焼けだけは極力避けることを心がけましょう。

また、どの脱毛サロンであっても、脱毛の前後1週間程度は予防接種を受けることができませんので、もしも予防接種を受けるご予定があるのであれば、脱毛の前後1週間は必ず外しましょう。

脱毛を受けてみようと思い立ったのであれば、まずはこれらの点注意を払いましょう。

その上で、どの部位の脱毛をしたいのかご自身でしっかりと見極めて、ご希望の部位に対応している脱毛サロンを探してみるところから始めてみると良いでしょう。

まとめ

40代、50代になると、今更…という思いや、若い人に混じって受けるのは恥ずかしいなどの理由から、脱毛サロンでの脱毛を断念してしまう方が出てきます。

ですが、最近では脱毛を受ける40代、50代の方が増えていますし、脱毛サロンのエステティシャンは、顧客一人一人の年齢など全く気にすることなく、施術を行ってくれます。

また、白髪になっている部分の脱毛をご希望の場合では、蓄熱式または美容電気脱毛という方法がありますので、白髪が気になるという方は、これらの取り扱いがある脱毛サロンやエステティックサロンでカウンセリングを受けて、効果や仕上がりについて確認してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする