脱毛サロンでハイジニーナをするときにデメリットはある?

ハイジニーナ

最近話題になっているハイジニーナ、ムダ毛を気にする女性なら一度は考えたことがあるのではないでしょうか。ですが、実際にハイジニーナをした人が、脱毛を後悔することもあるそうです。そこでハイジニーナをする前に知っておきたいデメリットや心配事についてまとめてみました。

ハイジニーナ脱毛とは?

そもそもハイジニーナ脱毛とは、VIOラインのむだ毛を全部脱毛することをいいます。

Vラインとは、下着を着用した際に足の付け根にV字型に現れるラインのこと。水着を着用するときにはみ出す部分を処理する人や、ハート形やたまご形などオリジナルの形に脱毛するする人もいて個性が出る部位です。

Iラインとは、陰部にかけて直線になるラインのこと。処理をすることで下着から毛がはみ出なくなるだけでなく、月経血やおりものが絡みづらくなるメリットがあります。

Oラインとは、肛門周辺の脱毛のこと。こちらも見た目が美しくなり嫌なニオイが解消できるメリットがあります。

通常のVIO脱毛では、これらの部位のムダ毛を適量に処理するのですが、ハイジニーナ脱毛はその見た目に特徴があります。つまり、Vライン、Iライン、Oラインすべてのムダ毛を脱毛してツルツルにするのです。

欧米ではハイジニーナ脱毛をする女性も多く、日本でも徐々に浸透してきています。

ハイジニーナのメリットとは?

女性にとってデリケートゾーンを脱毛するハイジニーナにはメリットがたくさんあります。代表的なメリットをまとめてみましょう。

マリンスポーツが楽しめる

水着をきるときにムダ毛がはみ出てるのが気になることってありますよね。ハイジニーナなら、VIOラインすべてのムダ毛が無くなるので、ショーツから毛がはみ出る心配もありません。思う存分マリンスポーツが楽しめますよ。

自分の好きな形に脱毛できる

ハイジニーナではすべてのムダ毛を処理するのが基本ですが、脱毛サロンでは利用者がリクエストした形に脱毛することも可能です。例えば、全体的に処理はするものの、Vラインの中央部は少しだけ残してもらうというように好きな形にしてもらうこともできますよ。

月経中の汚れやムレがなくなる

月経中は、経血がショーツにしみて汚れることがありますよね。特に、経血がムダ毛に絡みつくことで硬くなったり汚れたりもします。また、湿度が高くなるので、デリケート部分がムレやすくなるのも問題ですよね。ムレを放っておくと、お肌にできものができたり、雑菌が繁殖して嫌なニオイが出ることもあります。ハイジニーナをすると余分な毛が無くなるため、汚れが絡みついてショーツを汚したり、ムレに悩むことも少なくなります。ハイジニーナをした人の多くが、月経中快適に過ごせるようになったと評価しているのも理解できますね。

ハイジニーナのデメリットとは?

では、脱毛サロンでハイジニーナをするにあたって起きるデメリットとは何でしょうか。

実際にハイジニーナをして後悔した人の口コミも参考にデメリットをまとめてみました。

思っていたよりも時間がかかった

ハイジニーナは全部のムダ毛を脱毛する方法です。そのため、利用者としてはツルツルの状態を想像するでしょう。医療クリニックで脱毛する場合は、使用するレーザーの威力が強いため、全部のムダ毛を処理するまでにかかる時間も短くて済みます。人によって個人差がありますが医療脱毛の場合は1年ほどの期間を考えていればよいでしょう。

ところが、脱毛サロンで脱毛する場合、処理に用いる機械はレーザーよりも弱くなってしまいます。その分脱毛完了までにかかる時間も長くなり、2年から3年程度かかることも。

急いで脱毛したい人にとっては、脱毛完了まで思っていたよりも時間がかかったと感じることもあるようです。

途中経過が汚い

脱毛サロンでの脱毛はフラッシュの出力が弱いため、全部のムダ毛を脱毛するためには何度も脱毛を繰り返さなければなりません。

そのため、脱毛完了までの間は毛が徐々に減っていくため、途中経過が汚くなってしまいます。こちらも個人差がありますが、部分的に脱毛できていたりムダ毛が残っている部分があったりするのです。アンダーヘアはもともと人に見せない部分でもありますし、脱毛途中の汚さは我慢するしかなさそうです。

理想の形じゃなかった

基本的にハイジニーナをするものの、少しだけ形を残したい場合はスタッフと相談の上理想の形にしてもらうことができます。ところが、例えばハート形にするというような希望がある場合、微妙な残し加減が必要となるため場合によっては理想通りの形にならないことがあります。後悔しないためにも、施術前の打ち合わせのときに、具体的にスタッフに理想の形を伝えておくといいでしょう。

全部処理したことを後悔

ハイジニーナは、ムダ毛全部を処理するのですが、実は全部を処理したことを後悔する人がいるのも事実です。特に医療脱毛でハイジニーナをする場合は、ムダ毛が再び生えてくる可能性も少なくなります。将来的に、やっぱり毛がある方がいいと思っても処理をしてしまうと生えてこないのです。

そのため、ハイジニーナをする前に、本当に自分は後悔しないのかを考えておくといいですね。

再び生えてきた

脱毛サロンでのフラッシュ脱毛は医療脱毛に比べると弱いのがデメリット。そのため、永久脱毛効果はなく、一度処理をした毛穴から再びムダ毛が生えてくる可能性もあります。2年くらい通ってツルツルになったにもかかわらず、しばらくしたら再び毛が生えてきたということもよくある話です。

しかもどこから生えてくるか分からないので、時間が経ってみるとまばらに生えてしまっているということも。

脱毛サロンでハイジニーナをする場合は、再び生えてくる可能性があると知っておきましょう。

照射時に強い痛みを感じる

ハイジニーナの対象となるのはVIOライン。この部分は皮膚が薄く、粘膜部分にも近いため、体の中でもとても敏感な部位の1つです。

また、VIOラインは下着や衣類とこすれることも多くお肌が色素沈着しがちです。さらにVIOラインに生えているムダ毛は他の部位に比べると色素が濃く太さもありますよね。

脱毛サロンがIPL脱毛を導入している場合、ムダ毛にあるメラニン色素に対してフラッシュが反応するため照射時に熱と痛みが生じてしまいます。

VIOラインでは、色素沈着していたり毛が太かったりするので他の部位よりも照射時の反応が大きくなります。またそもそもお肌が敏感なため、感じる痛みも強くなってしまいます。

痛みに弱い方が脱毛サロンに通う場合、IPL脱毛では痛みのリスクが高くなります。そこで、通うなら抑毛効果があるジェルをお肌に塗ってフラッシュを照射するSSC脱毛や、バルジ体という毛を成長させる部位に働きかけるハイパースキン脱毛のサロンを選んでみましょう。

まとめ

ハイジニーナは脱毛サロンでもできますが、メリットがある反面デメリットも多くあります。

例えば、脱毛効果が出てくるのが遅いため、脱毛完了までに2~3年ほどかかってしまうのが難点と言えます。脱毛サロンでは脱毛力が弱いことから途中経過がまばらに生えている状態になるなど汚い状態になってしまうことも。

デリケートゾーンはお肌が敏感なので痛みが出やすいのもデメリットではないでしょうか。

さらに、脱毛した当初は、ムダ毛が全くないツルツル状態に満足しているものの、数年後やっぱり脱毛しなかったら良かったなんて後悔することもあります。

ハイジニーナをするときは、本当に全部脱毛して良いのか良く考えてから行ってくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする