脇脱毛と汗腺の関係※ワキガは治る?汗の量が減る?

脇

どこからともなくプーンと臭うワキガや、シャツににじんでくる脇汗。毎日の生活を送るうえで大きな悩みの種ですよね。特に夏場は薄着になるので、ニオイや汗が目立って恥ずかしくもあります。

じつはそんなワキガや脇汗が多く出る多汗症対策に脇脱毛が効果的だという話があります。

本当に脇脱毛をすることで、症状は改善されるのでしょうか、脇脱毛とワキガ、多汗症の関係について知っておきましょう。

ワキガや多汗症の原因とは?

そもそもワキガとは腋臭症(えきしゅうしょう)とも呼ばれていて脇の下からつんとするようないやな臭いを発生させます。

ワキガになってしまう大きな原因は脇に存在している汗腺の存在です。エクリン汗腺とアポクリン汗腺という言葉を聞いたことはありますか?両方とも汗が出てくる汗腺なのですが、その性質が異なります。

多汗症の原因となるエクリン汗腺

毛穴とは関係なく存在しているのがエクリン汗腺です。エクリン汗腺から発生する汗はその大半が水分でできていて嫌なニオイは発生しにくくなっています。ただし、出た汗を放置することで雑菌が繁殖してしまって酸っぱいような汗臭いニオイが発生します。

エクリン汗腺はすべての人に備わっているので、みんなが多汗症になるわけではありません。

激しい運動をしたときだけでなく精神的なストレスや緊張によってもエクリン汗腺は刺激されるので、汗が多く出てしまうのです。

ワキガの原因となるアポクリン汗腺

もう一つのアポクリン汗腺は、毛根でつながっていて、ワキガの原因となる汗を輩出します。エクリン汗腺とは違って、水分量は少なく、タンパク質や脂質といった酸化しやすい成分がたくさん含まれているのが特徴で、その成分をエサとして雑菌が繁殖するため、モワッっとしたようなワキガ独特のニオイになってしまうのです。ところで、アポクリン汗腺からの汗はホルモンの働きで分泌されます。思春期以降ホルモンバランスが変わることでアポクリン汗腺が発達し、独特なニオイが出てしまいます。このニオイはとても鼻につくため、ワキガを患う人にとっては辛い悩みですよね。

そこでワキガや多汗症の治療に用いられるのがレーザー機器です。マイクロ波を照射することで汗腺を破壊、その症状を抑えるのですが、このメカニズムが少なからず脇脱毛で用いられるレーザーと重なるので、脱毛することでワキガや多汗症が治ると言われているのです。

フラッシュ脱毛はワキガや多汗症の改善に効果ある?

では、脱毛することで、ワキガや多汗症の症状を改善できるのでしょうか。

まずは脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛について確認しましょう。

脱毛サロンでは、脱毛のために毛の中にあるメラニン色素に反応するフラッシュを照射します。フラッシュがメラニン色素に反応することで熱が発生しこれが毛根に伝わって脱毛効果が得られるのです。

ですが、脱毛サロンで使われるフラッシュの特徴は出力レベルが低いこと。エステティックサロンで取り扱える機材のため、どうしても威力は低くなるのです。そのため、フラッシュを照射したからと言って汗腺まで破壊されることはなく、フラッシュ脱毛ではワキガや多汗症の改善効果は見込めません。

レーザー脱毛はワキガや多汗症の改善に効果ある?

脱毛サロンとはことなり、美容クリニックや美容整形外科などでは医療用のレーザー機器を用いて脱毛します。この機材は医師など資格を有する医療従事者が使うため、サロンとは比べ物にならないくらい強い出力を誇ります。そのため、脱毛効果が強いのはもちろんですが、毛根にある細胞をしっかりと破壊するので将来的にも生えなくなるというメリットがあるのです。

では、レーザー脱毛はワキガや多汗症に効果が期待できるのでしょうか。

ここで問題となるのがワキガと多汗症と関係がある汗腺の違いです。

先述したように、ワキガと関係するのは毛穴とつながっているアポクリン汗腺、多汗症に関係あるのは毛穴とはつながっていないエクリン汗腺でした。

このことを前提に考えると、レーザー脱毛をしたときにワキガと多汗症についてはそれぞれ効果がことなることが分かります。

つまり、レーザー脱毛はあくまで体毛に照射することで毛根を刺激する働きのため、毛穴とつながっているアポクリン汗腺と関係するものの、毛穴とつながりのないエクリン汗腺とは関係がないのです。

あくまで可能性ですが、レーザーを照射した際に毛穴が刺激されることで、アポクリン汗腺に影響が出ることがあります。

医療レーザーが照射されることで、体毛のメラニン色素に反応して皮膚上に熱をとどまらせます。このとき、毛穴だけでなく毛根周辺の細胞も破壊していきます。毛穴にはアポクリン汗腺が備わっているので、レーザーの出力レベルによっては毛根だけでなく汗腺にも影響を及ぼす可能性があります。その影響とはズバリ汗腺細胞の破壊です。レーザー脱毛によって発生した熱が毛根に伝わることで近くにあるアポクリン汗腺が刺激を受けて消失することもあるんですよ。

その反面、多汗症の理由となるエクリン汗腺は毛根部とは関係がない場所に位置していますレーザー脱毛をしたところでエクリン汗腺は減らず、多汗症の場合は別の治療を施さなければなりません。

思春期を過ぎるとホルモンバランスも安定してくるので多汗症も治まりやすくなりますよ。

レーザーで脇脱毛すると汗が増える?

レーザー脱毛をすると脇汗が減るという噂もあれば、増えるという噂もあります。ではどちらが本当の事実なのでしょうか。

実はどちらの噂も体感的には正解。レーザー脱毛の結果は、個人差があるので、その結果が変わってくるのです。

レーザー脱毛で脇汗が減る理由とは?

レーザー脱毛をしたことで脇汗が減ったという感想を目にしたことはありませんか。

脇汗が減ったと感じるのは、レーザーを照射することで、毛穴と通じているアポクリン汗腺が刺激されて消失する場合があるから。ただ、汗の大半を占めるエクリン汗腺はレーザー照射によって消滅しないため、量的にかなり減るということはありません。脇汗を減らすためには、脱毛とは別にエクリン汗腺の治療をしなければならないのです。

レーザー脱毛で脇汗が増える理由とは?

レーザー脱毛で脇汗が減るという噂がある反面、脱毛後に脇汗が増えたという話もちらほら聞きますよね。

脇汗を分泌するエクリン汗腺はレーザー脱毛ではなくならないですし、刺激によって感染が増えるということもありません。そのため、脱毛したからと言って脇汗が増えるわけではありません。

では、どうして汗が増えたと感じる人が居るのでしょうか。

それは脇脱毛の効果が原因となっています。

脇毛がある状態だと、分泌された汗が脇毛に絡むためお肌表面に残りにくくなります。

その反面、脱毛で脇毛がなくなると、汗が脇毛に絡まなくなるため、お肌の表面に残りやすくなります。すると体感的に汗を感じやすくなるので、脱毛で脇汗が増えたように感じるのです。

脇脱毛とワキガ、多汗症の関係とは?

医療クリニックで脇脱毛をすることで、レーザーの働きにより汗腺がなくなってワキガが改善することがあります。ただし、あくまで副次的効果なので、過度な期待はしないでおきましょう。

また、汗の量に関しては、レーザー脱毛では多汗症の原因となるエクリン汗腺はなくなりません。そのため、脇脱毛で汗が極端に減ることはありません。

レーザー脱毛はワキガや多汗症に対する根本的な治療法ではないので、症状をなくしたいのであれば、美容クリニックなどできちんと治療を受けてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする