医療脱毛で顔脱毛!毛穴が目立つ心配はないの?

顔脱毛 毛穴

医療脱毛は医療毛レーザー脱毛とニードル脱毛に分類されていますが、現在ではニードル脱毛を行うクリニックが減り、医療レーザー脱毛が主流となっています。

医療レーザー脱毛は永久脱毛に分類されるため、ひとたび完了させてしまえばその後のムダ毛の再生率が極めて低いというメリットがあります。

その反面、施術中に痛みを感じることがあり、特に細かい神経がたくさん走っている顔の場合では、他の部位よりも強い痛みを感じるのでは?と、心配になってしまうかもしれません。

また、医療レーザー脱毛後の毛穴の状態も気になります。

では、医療レーザー脱毛後の毛穴は、いったいどのように変化するのでしょうか?

顔脱毛なら医療脱毛がおすすめです!その理由とは?

顔脱毛は、脱毛サロンのフラッシュ脱毛またはクリニックの医療レーザー脱毛で行うことができますが、どちらがおすすめという話であれば、医療レーザー脱毛がおすすめできます。

まず、脱毛サロンのフラッシュ脱毛はマイルドな光を毛穴めがけて照射するため、施術中に痛みを感じる心配がほとんどありません。

それはそれでとても助かるのですが、フラッシュ脱毛の光は顔の細くて色素が薄い産毛に対する反応が弱く、効果が現れるまでにはかなり時間がかかります。

一方で、医療レーザー脱毛のレーザーも、色素が濃い部分に比べると産毛に対する反応が弱いという特徴がありますが、毛根組織の奥まで届くレーザーを照射するため、少ない回数で永久脱毛することができるというメリットがあります。

つまり、短期間でサクッと顔脱毛してしまいたいのであれば、医療レーザー脱毛がおすすめということになります。

医療脱毛の顔脱毛って痛みは大丈夫?

医療脱毛はフラッシュ脱毛よりも強いパワーを持つレーザーを照射する方法ですので、フラッシュ脱毛よりも施術中に感じる痛みは強いです。

ですが、医療レーザー脱毛機は毛質やお肌の状態に合わせて出力数を調節することができますので、施術中に強い痛みを感じたのであれば、担当している医師または看護士にそれを告げることにより、痛みを感じないレベルにまで出力数を下げてもらうことが可能です。

また、医療レーザー脱毛機の中には冷却装置が搭載されている機種もあり、照射と冷却を交互に行うことにより、痛みを最小限に軽減させながら顔脱毛することもできます。

こう聞いても、やはり痛みが少しでもあると怖いという方も少なくはないはずです。

そのような方は、事前に医師に申し出で麻酔を施してから施術するということも可能ですので、まずはカウンセリングを受けてみて、痛みについて医師に相談してみると良いでしょう。

問題は毛穴!医療脱毛って大丈夫?

レーザーを照射すると、一時的に表皮のバリア機能が破壊されるため、施術後のお肌に赤みが現れたり、施術後数日間痛みを感じたりすることがあります。

それは、照射したレーザーのパワーが強く、お肌が一時的に軽い炎症を起こしているからです。

フラッシュ脱毛では毛根組織を破壊することができませんが、レーザー脱毛ではそれが叶います。

それだけに、施術直後の肌ダメージもフラッシュ脱毛よりも大きいわけで、毛穴部分が一時的に開いてしばらくの間は目立つこともあります。

また、場合によっては毛穴か軽いやけどを起こして、数日後にかさぶたができることがあります。

ですが、このような炎症やかさぶたはいつまでも続くわけではありませんので、心配は要りません。

また、医療レーザー脱毛後には炎症止めの軟膏が処方されますので、脱毛直後から数週間はしっかりと紫外線をブロック、軟膏でケアすることにより、気になっていた炎症や毛穴も次第に綺麗な状態に戻ります。

このように安全性が高い医療レーザー脱毛ではありますが、どうしても心配という方は、納得できるまでカウンセリングを受けてみて、慎重に医療レーザー脱毛による顔脱毛を検討してみることをおすすめします。

医療脱毛による顔脱毛にはこんなメリットが!

医療レーザー脱毛直後の顔を見ると、綺麗になりたかったのになぜ!?と驚くことがありますが、これはあくまでも一時的なものですので気にする必要はありません。

そして、脱毛が始まると毛穴からムダ毛が飛び出してきますので、ここでまた驚くことがあるかもしれません。

ですが、この時期を我慢して過ごせば、ムダ毛がなく毛穴が目立たない綺麗なお肌に生まれ変わります。

ます、ムダ毛がなくなったことによってお肌の色がワントーン明るくなります。

そして、化粧下地やファンデーションのノリが良くなりますので、メイクが綺麗に仕上がります。

これらが医療レーザー脱毛後の見た目の変化ですが、医療レーザー脱毛のメリットはそれだけではありません。

それは、見た目の変化とともにニキビができにくいお肌になるということです。

顔の産毛は細い上に色素が薄く、汚れが付着しても目立ちません。

ですが、実は顔の産毛には細かいほこりなどの汚れがたくさん付着していて、これがニキビをつくり出したり、ニキビを悪化させたりする原因になります。

ですが、顔脱毛をしてしまえばムダ毛に汚れが付着することがなくなりますので、ニキビができる確率がグンと低くなるでしょう。

さらに、自己処理の手間がなくなりますので、スキンケアの時短にもつながります。

顔脱毛の注意点について

どの部位であっても、医療レーザー脱毛で脱毛を行う際には、以下の点に注意しなければなりません。

日焼け厳禁

医療レーザー脱毛は、レーザーをムダ毛の色素に反応させる方法ですが、お肌が黒く日焼けしていると、お肌の色素にも反応してしまうことが考えられます。

そして、万が一お肌の色素にレーザーが反応してしまった場合では、その部分にやけどを負う可能性があります。

つまり、医療レーザー脱毛前の日焼けは厳禁であるということです。

毛抜きで脱毛しない

レーザーが反応するムダ毛の色素がなければ、医療レーザー脱毛を受ける意味がありません。脱毛前には事前処理が必要ですが、その際には必ずシェーバーで優しく処理を行い、皮下にムダ毛を残しておきましょう。

内服薬を服用しない

なんらかの内服薬を服用中の方は、カウンセリングの段階で医師にそれを伝えておきましょう。というのは、内服薬の種類によってはレーザーの照射で色素沈着が起こる可能性があるからです。

この場合では、医師の判断によって一時的に薬を変えてもらうなどの処置が必要になります。

予防接種を受けない

予防接種は、わざわざ抗体を体内に取り込んで病原菌から身体を守る方法です。

そのため、予防接種の前後1週間には、微熱が出たり身体がだるくなったりと、一時的な不調が現れることがあり、お肌の抵抗力も弱っています。

このようなときにレーザーを照射してしまうと、強い炎症が起こったり痒みが出たりすることがあります。

予防接種を受けるご予定がある方は、医療レーザー脱毛の前後1週間を避けて受けるように注意しましょう。

身体を温めない

医療レーザー脱毛後のお肌はとても敏感な状態になっていますので、熱による刺激で炎症が悪化したり、強い痒みが現れたりすることがあります。

医療レーザー脱毛直後には、体温が上昇する運動やお風呂を避け、なるべく身体を温めないように注意しましょう。

まとめ

医療レーザー脱毛を受ける前には、痛みや毛穴の状態など、さまざまな不安を感じることが多いものです。

ですが、医療レーザー脱毛は医療機関のみで受けることができる脱毛ですので、安全性が高いという特徴があります。

医療レーザー脱毛直後には、お肌が赤くなったり炎症を起こしたりすることがありますが、これは一過性のものですので心配は要りません。

医療レーザー脱毛で顔脱毛を行いたいという方は、信頼の於けるクリニックを探し出し、まずはカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

その上で、ご自身が納得したのであれば、脱毛を開始してみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする