ミュゼプラチナム新宿南口店|両脇脱毛16回目

ミュゼ 新宿南口店

年の瀬でどの街も浮き足立ってきた2017年12月15日、金曜日の夜に脱毛サロンに行ってきました。

今回わたしが施術を受けたのはミュゼの新宿南口店。

ここの店舗はビルの9階に入っているので初めてだと場所がすこし分かりづらいと思います。わたしも最初は迷いました。

ミュゼ新宿南口店の場所

ミュゼ 新宿南口店

新宿の南口改札を出てからサザンテラス側に道路を渡り、右に曲がって坂を下り薬局を超え、大江戸線の出口も超えたあたりのビルです。カラオケ店の看板がギラついているのが目印といえば目印でしょうか。

表にわかりやすい看板などはありませんが、ビルの入口にパネルがあるのでそれを目指して行くといいです。

ミュゼ 新宿南口店

そこのビルにはほかに英会話教室や旅行会社のテナントも入っているので、人の出入りはそれなりにありますし、薄暗さなどもありません。

ミュゼ 新宿南口店

エレベーターで9階まで上がるとすぐに店舗の入り口です。

私が入店したとき受付にはスタッフさんが誰もいませんでしたが、会員証を出している間に出てきてくださいました。

受付を済ませると、そのすぐ向かいにある待ち合いのソファに座って時間まで待ちます。

そのあいだ、渡された注意事項の確認ファイルを読み、壁に貼ってある宣伝ポスターやサンプル化粧品などを見るともなく見ました。契約が安くなるキャンペーン中だとか、クーポンがもらえるとか、〇〇が当たる!とか。

ミュゼ 新宿南口店

ちなみに注意事項は日焼けをしていないか、生理期間中ではないか、挙式の予定がないか、予防接種をしていないか、服薬はないか、など。

両脇脱毛完了コースの16回目

ミュゼ 新宿南口店

時間になるとスタッフさんが呼びに来てくれ、お部屋に通されました。

そこでその日の施術内容の確認(2012年に契約した両ワキ脱毛完了コースの、16回目の施術)があり、ガウンに着替えるようにと指示がありました。

ミュゼ 新宿南口店

個室に一人になり、服を脱いでガウンを着、ベッドで待機。ロッカー鍵は枕の下に入れるように言われていたので、そのようにしました。

この日初めて気がついたのですが、ガウンにもサイズがあるのでしょうか。今までは用意されたものを着用してぴったりだったのが、この日はとてもとても大きなサイズのガウンで、かなりブカブカでした。なんとかミニマムにボタンを止めれば着られないこともなかったし、どうせ施述してもらう間は寝ているだけなのだしいいか、と思いスタッフさんには言い出しませんでした。

着替えが終わってしばらくすると施術してくださる方がノックと共にいらっしゃいました。

他の店舗ではときどき、個室に案内してくださる方と施術をしてくださる方、さらには退室の案内をしてくださる方が別々ということもあるのですが、この日のこの店舗ではそういったことはなく、終始一貫して同じスタッフさんが対応してくださいました。

施術内容

ミュゼ 新宿南口店

まず施術箇所を拭き取り、そして剃り残しがあればシェーバーで処理してくださいます。それから照射できない部分に保護シールを貼り、ジェルを乗せます。

それらをすべて声掛けしながらやってくださるので「今は何をされているのだろう」という不安はまったくありません。

照射の際に眩しくならないように目元にタオルやゴーグルをかけてくれるのですが、ずれていないか、しっかりフィットしているかの確認もしてくれました。

施術はほんとうに一瞬です。

最初にすこし照射し、痛みがないかの確認が終わればもうあとは「ピピピピピ」と機器をスライドさせるだけ。

終わったら「お疲れ様でございました」と声をかけられます。

この文言はどこのミュゼサロンでも言ってもらえるのですが、そこだけはすこし違和感を覚えてしまします……。

照射が終わると保冷剤のようなもので患部を冷やすのですが、そのあいだはやはり体が冷えるのですこしつらかったです。だからといってその寒い時間のために空調を合わせていたらそれ以外の時間にとっては暑すぎるので、仕方がなさそうです。ブランケットもかけてくださいましたし、不満に思うのはお門違いかもしれません。

施術の質は特に他の店舗と変わりないと思いました。

声掛けもいつもどおり。ただ、今回初めて勧誘をされました。

といっても「効果は感じますか?他に気になる部位はありませんか?もしあればキャンペーンやっているのでお気軽にご相談ください」程度のものでしたので、あの程度なら言われても嫌に感じはしませんし、もし追加で契約したくなったときに相談しやすいなと感じました。

16回コースの感想

肝心の効果については、16回受けているので毛はかなり生えてきづらくなったなと感じます。埋もれている黒ずみもほとんど見受けられませんし、肌はすべすべしています。おうちでの自己処理もほとんどする必要は無くなりました。

でもここまでくるのに5年もかかったと思うと、やはり光脱毛は時間がかかるよなあと思うし、この先ほかの部位も脱毛するとしたらちょっと考え物です。

ミュゼ 新宿南口店

この両ワキ脱毛完了コースを選んだ当時は私も学生で、料金の低さ(当時3000円程度)に惹かれて契約しました。

今は似たようなコースでワンコイン価格のキャンペーンをしょっちゅうやっているようなので、すこし損したかなと思わなくはありませんが、ほとんど後悔はしていません。

無期限、通い放題でこの値段ならとても満足です。

でも、気軽にアプリで予約がとれてサロンが全国にたくさんあるのは魅力だけれども、やっぱり時間がかかるのはネックです。

店内の様子

施術をしていただく個室にも待ち合いと同じようにポスターがたくさん貼られていました。

脱毛箇所ランキングによると、Vioの脱毛は人気が高いらしいです。

個別での勧誘をほどんどしないかわりに張り紙でユーザーの心に訴えかけているのか、と考えると店側にもユーザーにも負担が少ないので効率がいいなあ、なんて思いました。

ミュゼ 新宿南口店

いくつかのポスターを見て、保湿系の化粧水やまつげ美容液に興味は持ちましたが、もう閉店間際だったのでさっさと帰ることにしました。

購入するとしたらオンラインの方が気楽そうですし、アプリには3,000円のクーポンが配信されていたので、電車での移動中にじっくり選ぶことにしました。

個室を出て受付に行き、スタッフさんにロッカーの鍵を渡すと、すこしのあいだ待ち合いにいるように言われました。

スタッフさんが個室の忘れ物をチェックしてくれるのです。

それから送り出し。エレベーターに乗り込み、扉が閉まるまでおじぎをしてくださいました。

新宿南口店の印象

新宿南口店の印象として、全体的にやはり店内全てが白を基調としたつくりなので爽やかで清潔な印象を受けました。

どこの店舗もそうですが、スタッフさんが丁寧すぎるほど丁寧ですこし萎縮してしまいますが、何から何まで説明してくださるので不安に思うことはひとつもありませんでした。

ただ、お見送りまでしてくださるのに、最初のお出迎えがないのは不自然に感じました。それもあったらあったでかしこまりすぎて気圧されてしまうかもしれませんが。

ひとつだけこれはいただけない、と感じたのは帰りのエレベーターに乗る際、玄関周辺にたくさんのクリーニング袋が置かれていたこと。閉店間際だったので仕方がないのかもしれませんが、ほかのポイントが徹底されているあまり気になってしまいました。

ですが全体を通して、店舗がどこにあるかわかりづらいのを除けば難点は無いように思われます。

新宿の駅からもすぐなので仕事帰りやお買い物のついでにささっと施術を受けられるのはとてもありがたいです。

ほかの部位の脱毛は今のところあまり考えていませんが、両ワキの脱毛に関してはミュゼでコツコツ続けていけばいいかな、と思います。