ビーエスコート新宿西口店でビキニラインと膝下・肘下

ビーエスコート

暑くなってくると気になるのがお肌の露出です。気温の上昇とともに、だんだんと着るものも薄着になって、半袖やノースリーブなどの肌見せが増えてきます。肌見せの際に気になるのはぜい肉だけでなく、脱毛です。脱毛は終わりがなく、剃り忘れてしまうとどんなにおしゃれな服を着てもいまいち決まらないこともあり、女性にとって悩みのタネになりかねません。

けれども、いざ脱毛しようと思い立っても、どのサロンが良いのか迷うものです。私自身、脱毛したいと思ってインターネットで情報を探しましたが、どこが良いのかが見えてきづらく、大変迷いました。

見比べたり、人の話を聞いたり、無料カウンセリングに行ったりした結果、現在は2か所のサロンに通っています。そのうち1つが今回ご紹介する「ビーエスコート」です。今回は実体験をもとに、なぜこのサロンを選んだのか、どこが魅力なのか、反対にどこがネックポイントとなる部分なのかを赤裸々にお伝えしていきます。脱毛サロン選びを迷っている方はぜひ参考にしてください。

通っている脱毛サロンの基本情報

【会社・店舗】
・ビーエスコート 新宿西口店

【体験日】
・2017年8月24日(7回目)

【コース名】
・ビキニライン 無制限コース
・膝下セット10回コース
・肘下セット5回コース
合計 59,800円 複数コース契約の割引込

【期間】
2014年6月6日~

脱毛しようと思ったきっかけ

脱毛そのもののきっかけは、手間暇を和らげたかったことが一番の動機です。デートや女子会などおしゃれして決めたいときに、脱毛を忘れてしまうと変に目についてしまいます。脱毛も毎度のことになると面倒さもありますが、夏場に剃らないと目立つこともあり、手間の省略として脱毛を考えました。加えて友達の中にも、脱毛サロンに通う子が増えてきたこともあり、私も脱毛しようと思い、脱毛サロンを探し始めました。

なぜビーエスコートを選んだの?

脱毛サロンはビーエスコートの前に、ミュゼプラチナムに通っていたため、そちらで追加契約をすることも可能ではありました。けれども、一度コースを契約した後に追加契約をすると、初回割引が適用されないために高くなります。初回時の場合には、たいていどこのサロンも安くなることが予想されたので、新たに脱毛サロンを探しました。

脱毛サロンは非常に数が多く、迷いました。インターネットで情報を集めたり、他の脱毛サロンに通っているお友達に聞いてみたりする中で、ビーエスコートを選ぶことにしました。

一番の理由は安さです。永久脱毛を希望する部分が多かったので、値段が高くなることは予想されました。そのため安く、無理せずに通えるところに決めました。

加えて職場の近くに脱毛サロンがあったのも一因です。契約時の勤務先は新宿だったので、仕事終わりにそのまま受けて帰れる気軽さは、脱毛サロンに通い詰められると思える根拠になり、契約することにしました。

コース選択の理由

膝下、肘下は何かと目に付く場所で、夏場になるとどうしても剃り忘れは目につきます。特に膝下はストッキングをはいたときに目に付くため、剃りたいと強く感じました。Vラインに関してはコース契約をすると脇かVラインのいずれかをプレゼントしてもらえることもあり、すでに脇は契約していたので、Vラインを選択した形です。

お店の清潔感

ビーエスコートの清潔度合いは普通だと思います。エレベーターを開けるとすぐに靴を脱いでお店に入る形になります。靴の履き替え後に席に案内されて腰を掛けると、見た感じは汚れていません。白が多く、きれいな印象も受けます。けれどもお手洗いに関しては、もう一つです。お手洗いの鏡がピカピカに磨かれていると女性としては嬉しいところです。

お店の雰囲気

お店は季節ごとのレイアウトが変わっていて、視覚的にも楽しめます。夏場に伺ったので、真夏をイメージする浮輪や花が飾ってあり、華やかさがあります。時期によって変わるのは楽しいものです。

スタッフの方はテキパキと明るい方が多いです。施術中のお話は基本的に脱毛に関するものが中心です。気遣いもできる方が多く、寝不足で疲れた状態で訪れるとなるべく話しかけずに眠れるようにしてくれるのもありがたいところです。

施術までの流れ

施術までの流れはこのようになっています。

初回時は無料カウンセリングで、注意事項や具体的なコースの内容などをスタッフの方から説明を受けます。ビフォー・アフターの写真も持ってきてもらえるので、具体的なイメージをすることができます。詳しく話を聞いて合意できたら、契約書を交わし、支払い補法を選びます。

契約後は原則、WEB上で予約を取ります。IDとパスワードでログインをし、予約日を決めます。直近3か月程度までは予約が埋まっていることも多いので、電話をすると直近の空いている日程を案内してもらえることもあります。

予約をしたら予定時間までにお店に行きます。靴を脱いで上がり、案内された席に座ります。チェックシートが手渡されるので、体調不良や生理中ではないなどの用紙にチェックや記入をしていきます。テーブルにはローションやコースの案内用紙、キャンペーンなどが提示されているので、眺めているうちにスタッフが来ます。

スタッフの方が来たら、チェックシートを確認されて問題なければ別室に案内されます。別室には着替えが用意されているので、着替えます。かごがあるので、手荷物はかごに、服はハンガーにかけられます。しばらくするとスタッフの方が呼びに来て、保湿度合いのチェックをします。機械を当てて基準をクリアしていたら脱毛ができます。クリアしていない場合には保留になり、次回までに潤いを高めるためにした方が良いことなどの指導を受けます。

脱毛は光を当てて、保冷材のようなもので冷やして進めていきます。事前に書類を一筆書いていれば、剃り残し箇所もきれいにしてもらえます。

脱毛が終わると、再び着替えを終えて、元の席に戻ります。元の席でチェックシートの記入をしている間に、スタッフの方が忘れ物チェックをしています。戻ってきたスタッフからチェックシートの確認や案内、キャンペーンのお知らせ等があります。すべて終えたら、エレベーターまで送ってもらえてその日の施術が終わります。

体験してみてよかった点

体験して良かった点としては、スキンケアや脱毛の疑問などへも丁寧に答えてくれるところです。私は他の脱毛サロンも通っているのですが、ビーエスコートでは特に丁寧に教えてくれる印象があります。

女性のほとんどは美意識が強く、自分でスキンケアを返球していると思います。私もその例外ではありません。けれども、所詮は素人です。プロの方と比べると知識も経験も劣っているものです。ビーエスコートの方は、毎回のまだのうるおい度のチェックや脱毛の度合いに応じても、いろいろなことを教えてくれます。

特にデリケートゾーンの手入れなどは、知らない人も多いのではないでしょうか。私も知らないことが多く、誤ったケアの仕方をしていたのですが、正しいケアの方法を教えてくれたり、保湿を忘れがちな私に対してアドバイスをくれたりなどしてくれます。これらの丁寧度合いはとてもありがたかったです。

体験して悪かった点

体験して悪いと感じた点は勧誘のしつこさです。ビーエスコートに関しては、初回時だけではなく、毎回勧誘が待ち受けています。初回来店時にコースの説明と合わせて、より高額の商品の勧誘をされるのは一般的です。

たいていの場合、どの脱毛サロンであっても初回時に関しては勧誘が待ち受けています。しかし、ビーエスコートに関してはこれが毎回になります。毎度訪ねるたびに新しいコースやキャンペーンが打たれていることもあり、案内をされます。事前アンケートやヒアリングによって、断りにくい状況になることも多々あります。

もしビーエスコートに決めて通うのであれば、初回時も毎回通うときもどんどん新しいコースをすすめられて、契約することになりかねません。きっぱり断る勇気が毎回求められるのが難点です。

加えて予約はとりにくいです。今回WEBの予約ページを見たら、ここ1~2か月は予約が埋まっていて取れない状況でした。念のために電話をして、予約が取れないかと打診してみたら2~3日後に予約が取れることになりました。WEB上の予約は埋まっていても電話をすれば予約できることもあるかもしれません。
以上がビーエスコートに通った体験レポートです。これから脱毛を検討している方も多いと思いますので、ぜひ参考にしてください。

ビーエスコート新宿西口店へのアクセス

住所:東京都新宿区西新宿1丁目22−1 スタンダードビル 3F

電話:0120-142-140