キレイモ博多店 月額プランでスリムアップ脱毛

キレイモ博多店は明るく入りやすい雰囲気のお店です。

脱毛の施術は大体90分以上はかかるので、まずは始める前にお手洗いはいいですか、とスタッフさんがお声をかけてくださいます。もしトイレに行きたいというと、小さなタオルを渡されて、お店よこのお手洗いを使えるようにしてくれます。洗面台のところには使用済みのタオルを置いて帰れるように小さなかごが置いてあり、小さな心遣いですが、タオルを渡してくださるところは細やかな気づかいが行き届いているなと思わせる温かいサロンです。

お手洗い

契約内容

月額プラン、スリムアップ脱毛で、月額9,500円プラス消費税です。何度でも通うことができます。さらにキレイモのすごい点として、全身33か所の脱毛がなんと一度ですべての部分を施術してしまえる、という点です。サロンによっては半分のみということもあるので、キレイモならその点来店回数を減らすことができるので、便利です。

脱毛も2種類あり、スリムアップ脱毛と、美白効果のある美白脱毛が用意されています。引き締め効果を実感したいときはスリムアップ脱毛がよいです。美白脱毛はスリムアップ脱毛より月額3000円ほどお高くなります。どちらか好みで選ぶことができるようになっており、私は値段の都合でスリムアップ脱毛を選びました。

いろいろコースがあって迷いましたが、部分よりも全身脱毛、そして高い金額を払えば払うほど、1回の施術代は割安になります。

しかし、そんなにながく通えるのか心配もありました。そんな時、無料カウンセリングの時に、今でしたら月額制の1回目が、初月無料で受けられるキャンペーンがありますよ、と教えてくれました。

なかなか決めかねているときだったので、とりあえずキャンペーンに乗っかろうかなと思いました。

しかもサロンでは珍しく都度払いがありました。サロンで毎回現金で払うことはできませんが、クレジットカードの前払い制で、いつでもやめたいときにやめられる、というのが気が楽でした。それなら通えるだけ通ってみようかな、と思ったのがきっかけでした。

キレイモに決めた経緯

10年ほど前に脱毛に通っていたことがあり、1年ほど通い続けたことがありました。その後、海外赴任になりましたので、そこまでで脱毛は途切れていました。普通、脱毛が完了するのには3年はかかると言われていますが、1年通っただけでもだいぶ自己処理は楽になり、脱毛の醍醐味をしめていました。

それで、海外勤務が終わり、日本に戻ってきたときに、また脱毛を始めたいなあと思いました。いろいろネットで見ていたときに、脱毛するならミュゼかキレイモだろう、という口コミを見ました。根拠としては、値段とそれに合った施術が期待できる、ということでした。

それならと思って、キレイモにカウンセリングに行ってみました。キレイモはたまたま職場の近くにあり、通いやすいと思ったので行ってみました。通いやすさは結構大事だと思います。交通の便が悪いと、通いづらくなり、めんどくさくなってやめてしまう可能性があるからです。それで、もしサロンに通うのなら家の近くか、職場の近くなど、便利のいいところにしようと思っていました。

キレイモのカウンセリング

カウンセリング

また、もう一ついいなと思ったのは、カウンセリングの時に、おためしで照射の体験ができた、ということでした。以前脱毛サロンに通っていたときは、今のように痛みの少ない脱毛法などなく、光フラッシュ脱毛でしたが、とても痛い思い出がありました。

もちろん我慢できないほどの痛みではなく、涙が出るほどではありませんでしたが、本当につらかったです。前はもっと痛かったんだよ、と聞いていましたので、美のためには拷問のような痛みも我慢しなければならないのだな、と思った記憶があります。

キレイモは、痛みが少ない、と聞いていましたが、まったく痛いわけではないだろうと思って、不安に思っていました。

ところが、カウンセリングの時に、手のひらに光を当てていくのですが、それが全く痛くないのです。びっくりしました。施術の時には皆さんほとんど寝ていますよ、と言われて、そんなに快適なのかと驚きました。

実際、脇など毛が濃いところはやはり痛みを感じますが、医療脱毛やニードル脱毛と比べると驚くほど痛みは軽減されています。

それだからこそ、顔の脱毛も安心してできるわけですが、キレイモではおでこまでも機械を当てられるので、その点でも進んでいるなと思います。

美肌対策

さらにキレイモの最大のいい点ですが、脱毛と同時に美肌つくりができる、という点です。どちらかというと美肌対策の処理のほうが嬉しかったりします。

キレイモでは2種類の保湿ローションが用意されており、引き締めか、美白成分か、好きなほうを選べます。どちらも非常に魅力的です。選んだほうの美容液を、全身にたっぷりと塗ってくれます。

このローションは保湿力が非常に高く、肌がうるおいます。もともとの脱毛のデメリットとして、毛を無くすことで毛穴が開き、その結果肌が乾燥する、ということがあります。それで、脱毛している期間はとくに保湿がとてもだいじですが、キレイモのローションは肌をしっとりさせてくれる優れものです。脱毛サロンに来ているのですが、エステサロンに来ているような感覚です。

保冷ジェルについて

もう一つ、キレイモの強みですが、保冷ジェルを使わない、という点です。以前通ったときも冬場でした。サロンの室内は暖かく保たれているものの、冷たいジェルを塗られて放置されると寒くてたまらず、痛いうえにキンキンに冷やされて、非常に苦しい思いをしました。

それが、キレイモでは保冷ジェルを使わないというのです。そんな店舗はほかにはないのではないでしょうか。理由を聞くと、導入されている機械自体が高速で冷やされているので、肌自体を冷やす必要はない、とのことでした。ライトの照射面はマイナス4度まで冷やされている、とのことでした。

確かに、機械が肌に当たるとヒヤッと冷たいです。しかし、それは機械が当たっているほんのからだの一部分だけのことなので、まったく気になりません。これが全身ジェルを塗られた日には、本当に凍ってしまうぐらいの不快さです。しかし、キレイモは、痛みを緩和する冷たさを、ちょうどライトを当てる部位にのみ当たるようにしているので、よく考えられているなあと思います。キレイモは冷たさと痛みがないということで、これは天国のようなサロンであると思いました。

さらに、ジェルを塗る必要がないということは詰つまり、ジェルをふき取る必要もない、ということです。その分、時間が短縮になり、施術にかかる時間が短くなるので、それもありがたいです。だいたい90分ぐらいですべて終了します。仕事帰りでも余裕で通えるので、助かります。

脱毛後

化粧品の勧誘

また、キレイモは化粧品の購入をすすめられませんでした。ほかのサロンによっては、入会と同時に基礎化粧品をライン買いさせられるところがあります。

確かに、サロンの質のいいローションで保湿すれば、脱毛の効果を最大限に生かせる、というのは本当でしょう、

しかし、消費者にとっては、脱毛だけでも何十万とするのに、化粧品で何万もかかるのは、気が引けるものです。その点、キレイモは化粧品の勧誘がなかったのでよかったです。