アリシアクリニック 表参道院

アリシア 表参道

私は都内在住の30歳、OLです。
2014年の夏から2018年の始めにかけて、アリシアクリニックで脱毛していました。
今日は、私のアリシアクリニックでの最後の脱毛についてお話ししようかと思います。

2014年の夏、久々に再会した学生時代の友人とお茶をしていた際に、脱毛の話題になりました。友人は少し前からアリシアクリニックで脱毛をしており、友人紹介制度があるから入会しないか、と誘いを受けました。

2014年当時のアリシアクリニックの友人紹介制度の特典は、紹介者、入会者に全国百貨店共通商品券が1万円ずつ貰えるというものでした。2018年2月現在の友人紹介制度の特典は、JTBギフト券とスターバックスギフト券ですので、特典は時期によって異なります。

ひじ下+ひざ下セットとわきの8回プラン

さっそく無料カウンセリングに行き、カウンセラーと相談のうえ、とりあえずセットコースからひじ下+ひざ下セット、セレクトコースからわきを選択し、8回プランから始めてみることにしました。

当初全身脱毛を希望していましたが、全身脱毛にかかる60万円を支払うことができず、まずは部分脱毛から始めてみることにしました。

2014年当時、全身脱毛の費用は60万円ほどだったと記憶しています。しかし、2018年2月現在、40万円~50万円までに下がっています。もう少し遅く脱毛を始めていたら、もしかしたら最初から全身脱毛を始めていたかもしれません。

VIOセットと太もも一部の8回プランを追加

ひじ下、ひざ下、わき、ひざでアリシアクリニックの脱毛の効果を実感した私は、2016年の始めに、セットコースからVIOセット、セレクトコースから太もも一部(Vラインと太ももの境目)の8回プランを追加契約しました。

VIO、そして太もも一部は毛が濃く、自己処理をしてもわき同様に皮膚トラブルがひどかったので、脱毛を決意しました。

ひじ下+ひざ下セット、VIOセット、わき、ひざ、太もも一部すべて総額で30万円ほどかかりました。

2018年1月 VIOセットの8回目

アリシア 表参道 ラフォーレ

さて、話は戻ります。2018年1月、仕事帰りにアリシアクリニック表参道院を訪れました。
この日はVIOセットの8回目、つまり最終回です。

他の部位は8回すべて照射していたので、私のアリシアクリニックでの最後の照射の日でもありました。

アリシアクリニックは契約院以外でも自由に照射できます。私は銀座院で契約をしましたが、普段は自宅からアクセスの良い渋谷駅前院か表参道院に通っていました。

アリシアクリニック 表参道院

アリシアクリニック表参道院は、JR原宿駅から徒歩4分、東京メトロ明治神宮前(原宿)駅から徒歩1分という、非常に利便性の良い場所にあります。

ラフォーレ原宿の隣のビル、といえばさらに分かりやすいでしょうか。

アリシア 表参道

ビルの外にアリシアクリニックの看板があるので、見つけやすいです。

アリシア 表参道 ビル

アリシアクリニック表参道院がある原宿パトリアビルの5階に降りると、正面にアリシアクリニックの店舗があります。

アリシア 表参道

受付で会員カードを見せ、今日の施術内容を確認した後、番号札が渡されます。

アリシア 表参道 会員証

以前は実名で呼ばれていましたが、プライバシーの観点から、2016年から番号札に記載の番号で呼ばれるようになりました。番号札がピンクで可愛いです。

アリシア 表参道
待合室にはグッズ(化粧品、せっけん、サプリ)のほか、ファッション雑誌ウォーターサーバーが置かれています。それらで暇をつぶしていると、予約時間ちょうどに、担当スタッフが待合室に呼びに来ました。担当スタッフに案内され、施術室に向かいます。

アリシア 表参道 美容商品

施術室

アリシアクリニック表参道院には、施術室が8~10部屋ほどあり、部屋と部屋の間はカーテンで仕切られています。完全個室ではないので隣の話し声や物音が聞こえますが、カーテンは分厚いので、風でめくれることはなく、のぞかれることはありません。

アリシア 表参道 施術室

施術室の中央にはベッドが置かれています。
ベッドにはタオルと不織布製シーツがひかれています。
お客さんが変わるたびにすべて交換されるので、とても清潔です。

アリシア 表参道 脱毛機
ベッドのとなりには脱毛器が置かれています。アリシアクリニックでは、Lightsheer DUETという脱毛器が使われています。クリニックのレーザー脱毛はしばしば痛みを伴いますが、このLightsheer DUETは、照射の際に肌の吸引と冷却を同時に行うため、痛みを感じさせない工夫がなされています。

照射口は二つあり、大きいほうは背中などの広範囲の照射の際に、小さいほうは手の指やIラインなど、狭い範囲の照射の際に使われます。

私はこの日、VIOの照射のみだったため、上半身は洋服のままで、下半身は紙パンツのみの格好になりました。ベッドに横たわっていると、担当スタッフが戻ってきました。

アリシア 表参道 紙パンツ

この日の担当スタッフは、コウさんという、30代後半くらいのお姉さんでした。
実はこのコウさんに照射してもらうのは、今日が3回目です。

VIOの施術内容

まずはVラインの照射から始めます。仰向けで両足をベッドいっぱいに広げ、紙パンツを下におろします。まず、シェービングの確認からです。前日、もしくは当日に照射箇所は自己処理するよう言われていますが、それでも照射までに少し毛が伸びたり、シェービングが完璧にできない箇所も出てきます。

そんな箇所は、コウさんに剃ってもらいます。デリケートゾーンを人に見られるのは非常に恥ずかしいですが、慣れます。シェービングの確認後にジェルを塗り、照射をします。照射漏れを防ぐため、照射は二重に行います。まず縦方向に行い、そして次に横方向に行います。Vラインは痛みが少ないので、さっと終わらせます。

次に、Iラインの照射です。仰向けで片足のひざを立てたまま横に倒した体制になり、紙パンツをずらします。再び、シェービングの確認から行います。Iラインは構造が入り組んでいるため、剃り残しも多く、確認に時間を要します。そしてジェルを塗り、照射をします。Iラインも照射漏れを防ぐため、照射を二重に行います。

Iラインはデリケートゾーンのなかでも最もデリケートであるため、かなりの痛みを伴います。アリシアクリニックには痛みに弱い人向けの麻酔サービスがありますが、私が使ったことはありませんし、コウさん曰く、使う人はほとんどいないそうです。痛いのが嫌な人は、最初から脱毛サロンに行くのかもしれませんね。

次は、Oラインです。うつ伏せになり、ベッドいっぱいに足を広げます。Oラインは痛みに鈍感な箇所であるため、照射はすぐに終わります。

施術後の軟膏

脱毛終了後は、照射箇所に炎症止めの軟膏を塗られ、コウさんから脱毛当日の注意事項についてお話を受けます。

アリシア 表参道 軟膏

アリシア 表参道 軟膏
それは、脱毛当日は肌を温めてはいけないため、浴槽につからず、ぬるめのシャワーのみにすること、日焼けは避けること、十分に肌の保湿をすること、もし皮膚トラブルがあったらまずは処方の軟膏を塗り、それでも症状がおさまらない場合はアリシアクリニックに連絡すれば医師の診察を受けられること、です。

アリシア 表参道
保湿は、市販のローションやクリームでもいいですが一番良いのは、アリシアクリニック特製のセブンハーバルローションです。ローションなので塗ると肌にすっとなじみます。そして、ローションなのに、クリームなみに潤います。私は脱毛後はこのセブンハーバルローションを、普段は市販のローションを塗る、と使い分けています。

アリシアクリニックの効果

これで、3年半にもわたる私のアリシアクリニック通いが終わりました。アリシアクリニックの脱毛の効果は素晴らしいです。照射した箇所は、毛がほとんど生えてこなくなりました。

アリシアクリニックの店舗の雰囲気が良いです。シャンデリアや豪華なソファが置かれており、行くたびにまるでお姫様になったような気分になりました。2014年当時はまだこじんまりしたクリニックという印象でしたが、この3年半で大幅に店舗が拡大し(2018年2月現在、15店舗)、テレビで神田沙也加のCMがバンバン流れるようになり、知名度が上がりました。

残念な点

アリシアクリニックには非常に満足していますが、一つ、残念に感じていることがあります。
それは、予約の取りにくいことです。急速に店舗数を増やしていますが、それ以上に会員数が増えており、予約が取りづらくなっています。

本来は3か月に1回照射しなければならないところ、4か月以上予約が取れないこともしばしば起こります。それがなければ、とても良いクリニックなだけに、残念でなりません。

さらに店舗数を増やすか、一院のベッド数とスタッフ数を増やすか、高速脱毛器を導入するかの対策を求めます。

アリシアクリニック表参道院へのアクセス

住所:東京都渋谷区神宮前1丁目9−18

電話:0120-772-900