アトピーだけど全身脱毛って受けられるの?注意点は?

サロン脱毛はIPLをはじめとするマイルドな光を照射する脱毛方法で、医療レーザーよりもお肌への負担が軽いというメリットがあります。

しかし、アトピーなどの皮膚疾患のお持ちの方の場合では、果たして施術を受けることができるのかどうか、非常に気になるところですよね?それでは、アトピーでもサロン脱毛を受けることができるのか、できるとしたらどのような方法なのかご紹介していくことにしましょう。

サロン脱毛の特徴をご紹介します

脱毛サロンで行われている脱毛方法は数種類に分類されていますが、最もポピュラーとされているのがIPLによる施術です。その他、S.S.C.方式やSHR方式、ハイパースキンといった方式もあります。それではここで、これらの方式の違いについて簡単にご紹介しておくことにします。

IPL脱毛

インテンス・パルス・ライトという光を毛根組織目がけて照射して、時間をかけて組織の機能を弱める方法です。毛根組織は毛包に包まれており、その深い部分には毛乳頭があります。そして、この部分にある栄養分を受け取った毛母細胞が分裂するとその一部が毛となり、毛穴から露出してくることになります。

IPL脱毛は、毛乳頭付近にある毛母細胞の黒い色素に光を反応させて徐々にその機能を弱らせる方法であるため、毛の色素が濃いほどに高い脱毛効果を得ることができます。しかし、黒い色素に反応する光の性質から、黒く日焼けしているお肌の色にも反応を示す可能性があり、万が一日焼け肌に光が反応を示すと火傷を負う可能性があります。

この方法による脱毛を受ける際には、できる限り日焼けをしないように注意する必要があるでしょう。なお、IPLは産毛のように色素が薄い毛に対する反応が弱いため、顔や背中などの脱毛では長期間を必要とすることがあり、毛周期に合わせて施術を受けていく必要があります。

S.S.C.脱毛

光を照射するという点ではIPLとよく似ていますが、S.S.C.脱毛ではあらかじめ特殊なジェルをお肌に塗布し、光の熱でジェルの成分を浸透させる方法です。特殊なジェルにはビーンズが含まれており、光の熱によってビーンズがはじけると、フィニリーブという成分が溢れてきます。そして、光の熱によってフィニリーブが毛穴に入り込むと、それによって毛の成長力が弱まります。

この方法はIPLよりも脱毛効果の現れ方が遅いというデメリットはありますが、IPLよりもお肌への負担が軽いというメリットがあります。なお、この方法は毛周期に捉われることなく施術を受けることができ、IPLよりも短いスパンで施術を受けることができます。

SHR脱毛

IPLやS.S.C.方式と同様に光を照射しますが、この方法では毛根組織よりも浅い部分にあるバルジ領域という部分に照射するという違いがあります。バルジ領域では発毛因子が生成されますので、この部分に光エネルギーによるダメージを与えることが毛の成長を妨げ、結果として脱毛につながります。

この方法は毛周期に関係なく施術を受けることができ、日焼け肌にも対応、産毛にも効果的という特徴があります。ただし、低い温度の光を照射するため、1回あたりにバルジ領域が受けるダメージが少なく、脱毛完了までに長期間を必要とするというデメリットがあります。

ハイパースキン脱毛

バルジ領域で生成される発毛因子に対して光を照射して、毛の成長を妨げる方法です。この方法は今回ご紹介している脱毛方法の中では最もお肌が受ける刺激が少ないという特徴があります。つまり、施術中の痛みがほとんどないということですが、この方法もまた低い温度の光を照射するため、効果の現れ方が遅いという特徴があります。

これらは総称してフラッシュ脱毛と呼ばれ、脱毛サロンによって取り扱う種類が異なります。このように、フラッシュ脱毛にもさまざまな方法がありますので、脱毛サロンを選ぶ際にはまず、この部分についてしっかりとチェックしておくことが望ましいでしょう。

アトピー肌でもフラッシュ脱毛を受けることは可能?

結論からお話ししますと、アトピーでもフラッシュ脱毛を受けることは可能ですが、脱毛サロンによってはアトピーをはじめとする皮膚疾患をお持ちの方を対象外としているところもあります。

また、アトピーの方がカウンセリングを受ける際にはかかりつけの医師の診断書が必要になることがあり、忘れた場合にはカウンセリングを受けられなくなることがあります。さらに、現在の症状によって医師が適切だと判断した場合では、施術を見合わせなくてはならないこともあります。とはいえ、アトピーの症状が小康状態であれば施術を受けられる可能性は十分にあります。

脱毛サロンでの全身脱毛をお考えの方は、まずはかかりつけの医師に相談し、フラッシュ脱毛の可否について確認してみましょう。また、フラッシュ脱毛は薬を常飲していると受けられない可能性がありますので、この部分についてもあわせて医師に相談してみると良いでしょう。

なお、お肌素への刺激が弱いという部分を重視するのであれば、S.S.C.脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン脱毛がおすすめできます。

アトピーOKの脱毛サロンをご紹介!

それでは、アトピーがあっても施術を受けることができる脱毛サロンをご紹介します。ただし、どの脱毛サロンも症状が小康状態で安定していることが前提条件となりますので、この部分についてはあらかじめ頭に入れておきましょう。

ミュゼプラチナム

S.S.C.脱毛を導入している脱毛サロンで、VIOを含む全身脱毛に対応しています。なお、顔脱毛には対応していませんので、顔脱毛をご希望の方には不向きな脱毛サロンかもしれません。全国規模で店舗を展開していますので、引っ越しが多い方でも安心して通うことができるというメリットがあります。

ミュゼの評判についてはこちらの記事もご確認ください。

ミュゼプラチナムの評判まとめ
ミュゼプラチナムの広告を電車の中などで毎日のように見かける方が多いと思います。ミュゼプラチナムは数多い脱毛サロンの中でも知名度や人気度が抜群に高い脱毛サロンです。 「若い女性でミュゼの名前を知らない方はいないのではないか?」という感じの脱毛サロンです。2017年7月時点の東京商工リサーチの調べによると、ミュゼプラチナムは”顧客満足度”が4年連続、”売り上げ・店舗数”が6年連続で第1位...

ディオーネ

ハイパースキン脱毛を導入している脱毛サロンで、VIOを含む全身脱毛に対応しています。また、こちらの脱毛サロンでは顔脱毛にも対応していますが、顔は全身脱毛コースに含まれていませんので、別途申込が必要になります。

ラココ

SHR脱毛を導入した脱毛サロンで、顔とVIOを含む全身脱毛コースが用意されています。こちらの脱毛サロンは月1回ペースで通うことができますので、脱毛間隔をあまり空けたくないという方におすすめです。

 脱毛前はここに注意しましょう

どの脱毛サロンでも共通しているのは、「ステロイド剤軟膏をお肌に塗ってる場合では施術を行えない」ということです。また、症状によっては抗アレルギー内服薬を服用しなければならないことがありますが、このような内服薬を服用している期間内には施術を受けられないことがあります。

そして注意していただきたいのは、脱毛サロンはクリニックではありませんので、施術中に症状が悪化した際には対応することができないということです。この部分は意外と見落としがちですので、アトピーの方が脱毛サロンで施術を受ける場合には、できる限りドクターサポートありの店舗を選ぶことをおすすめします。

まとめ

「全身脱毛をしたいけど、アトピーだから無理」と諦めていた方、アトピーだからといって全身脱毛を受けられないということはありませんので、まずはかかりつけの医師に相談してください。もちろん、現在の症状によっては施術を受けることが難しいことはあります。

しかし、脱毛サロンによっては全身脱毛1回ですべてのパーツの施術を行うのではなく、部位ごとに分割して施術を行うところもあります。このような脱毛サロンでは、症状が強く現れている部分を避けて施術を行ってくれる場合がありますので、まずはカウンセリングで相談してみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする