いざ、全身脱毛へ!気になるのは施術時の「格好」

全身脱毛 格好

全身脱毛完了後には自己処理の必要がほとんどなくなりますので、「これから受けてみようかな?」とお考えの方は多いことでしょう。しかし、部分脱毛ならまだしも、全身脱毛を受けるとなると施術時の服装や受けるときの体勢などが気になりますよね?今回は、全身脱毛を受ける際の格好についてご紹介していきますので、初めて全身脱毛を受ける方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

全身脱毛を受けるときにはどんな格好になるの?

脱毛サロンによって、1日で全身すべての部位の施術を行うところもあれば、部位をいつくかに分割して1回ごとに異なった部位の施術を行うところもあります。

前者では、全身脱毛では広い範囲の施術を受けますので、サロンが用意したガウンやラップタオルに着替えてからの施術となります。

そして後者の場合では、施術を行う部位によっては私服のままでOKとなっていますが、部位によってはガウンなどに着替えなくてはならないこともあります。

それではここで、部位ごとの施術時の格好や注意点などについてご紹介しておきましょう。

私服のままで行われることが多く、施術室のベッドに仰向けになった姿勢で施術を受けます。その際、タートルネックなど顔に衣類がかかる場合には、トップスだけを脱いだ状態での施術となることもあります。

つまり、ブラだけの状態での施術になるということですが、このときにはブランケットやバスタオルをかけてもらうことができますので、「ブラ姿が恥ずかしい」「寒い」といった心配はありません。

もしもブラ姿になるのに抵抗があるのなら、あらかじめ襟元が顔にかからない服装でサロンを訪れることをおすすめします。

うなじ

うなじも顔と同様に、衣類の襟元がうなじにかかる場合ではブラ姿にならなくてはなりません。うなじ脱毛の予定日にも服装に注意しましょう。なお、脱毛サロンによってはキャミソールが用意されていることもありますので、気になる場合にはカウンセリング時に確認しておくことをおすすめします。

脇部分を露出できる服装であればそのまま施術を受けることができます。また、サロンによってはキャミソールが用意されていることがありますので、この場合では担当者の指示に従って着替えてからの施術になります。

胸の対応範囲はサロンによって異なり、ブラの外側部分の施術であればブラをつけたままでの施術になることが多いようです。また、乳輪周辺の場合ではブラを外しての施術になりますが、施術部分以外はタオルで覆いますので、恥ずかしい思いをしたとしてもそれは最小限で済みます。

お腹

専用のガウンに着替えてからの施術になります。お腹の施術は胸と同時に行われることがあるため、範囲によってはブラを外すことになります。しかし、お腹の施術を行っている間には胸にバスタオルやブランケットをかけてもらえますので、リラックスした状態で施術を受けることができるでしょう。

背中

うつぶせの状態で施術を受けますが、ウエストラインより下の腰やお尻の施術を行わない場合では上半身のみキャミソールなどに着替えます。また、サロンによってははじめからガウンまたはラップタオルに着替えて施術を行うこともあります。

腰、お尻

ガウンまたはラップタオルに着替えてうつぶせの状態で施術を受けます。なお、この部位を受ける前にはサロンが用意した紙パンツにはき替えます。しかし、サロンによっては紙パンツが用意されていない可能性がありますので、この点についてはカウンセリングで確認しておくと良いでしょう。

腕、脚

私服で露出できる場合ではそのまま仰向けまたはうつぶせで施術を受けることができます。ただし、冬場などで厚着をしていたりパンツスタイルで来店した場合では、ガウンやラップタオルに着替えてからの施術になります。

手指、手の甲、足指、脚の甲

私服のまま対象となる部位だけを露出させた状態での施術となります。この部位もまた、腕や脚と同時に施術を受ける場合では、ガウンやラップタオルに着替えての施術になることがあります。

VIO

全身脱毛で最も気になるのが、VIO脱毛を受けるときの格好でしょう。これらの施術は紙パンツをはいた状態で、紙パンツを少しずつずらしながら施術を行います。また、VIラインは仰向けでやや脚を開いた状態、または片足ずつ曲げて左右の施術が行われますが、Oラインだけは四つん這いの姿勢で行われます。

このように、VIOラインの脱毛は少々恥ずかしい格好にはなりますが、担当者はプロのエステティシャンですので、淡々と照射作業を行ってくれます。さらに、あなたが恥ずかしい思いをしているということは担当者もわかっていますので、それを和らげるための配慮はしてくれます。

VIOライン脱毛は慣れないと恥ずかしいかもしれませんが、2回、3回と受けていくうちに徐々に慣れていきます。それでも心配な方は、カウンセリング時にVIOライン脱毛の手順についてしっかりと説明を受けておくことをおすすめします。それをすることによって、施術時の緊張が緩和される確率がグンと高くなるでしょう。

これらが部位ごとの格好ですが、サロンによって施術中の服装や体勢が異なる場合があります。この部分についてはカウンセリングで説明がありますが、もしもない場合には、遠慮なく担当者に質問してみましょう。

脱毛サロンに行くときにはこの服装で!

部分脱毛であれば着替えが必要ないことがありますが、全身脱毛の場合ではほぼ着替え酢があると考えておきましょう。そして、ここで注意していただきたいのは、着替えの時間も施術時間にカウントされることがあるということです。

それは、人気が高い脱毛サロンほど予約がぎっしり入っているため、一人ひとりの時間がきっちり割り当てられ、それに基づいて予約が入れられているからです。たとえば、1回1時間の予約とした場合では、着替えがなければまるまる1時間を施術に充てることができますが、着替えに10分かかった場合では、60分-10分=50分となり、50分が施術に充てられることになります。

つまり、脱毛サロンで全身脱毛を受ける際には、素早く着替えられる服装でサロンを訪れる必要があるということです。特にボタンが多い服やひも遣いの服の場合では、それらを外したりほどいたりするのに時間を取られ、施術時間が短くなってしまうことがあります。

脱毛サロンを訪れる際には、カットソーやセーター、ゆったりとしたワンピースなど、短時間で着脱できる服を選びましょう。

全身脱毛はお肌の露出に注意!

冬場では問題ないかもしれませんが、春~夏にかけての服装はお肌の露出が多くなります。そして、ここで注意していただきたいのは、脱毛直後に直接紫外線を浴びてしまわないように注意するということです。

着替えのことを考えるのであればなるべく簡素な服装が望ましいのですが、それによってお肌の露出度が高くなると、紫外線による刺激をお肌が受けやすくなります。施術後のお肌は一時的にバリア機能が弱った状態になっているため、いつも以上に紫外線の影響を受けやすくなります。

特に3月に入ると紫外線の放射量が急激に増えますので、脱毛サロンを訪れる際には日傘や手袋、日焼け止めクリームなどを持参して、施術後にはそれらでお肌をガードした状態で帰宅しましょう。

まとめ

VIOを含む全身脱毛を考えたとき、最も気になるのが施術中の格好でしょう。今回は一般的とされる全身脱毛中の格好についてご紹介してきましたが、脱毛サロンによってそれぞれに規定が異なる場合があるため、この限りではありません。

脱毛サロンの中にはカウンセリングと同日に施術を受けることができるところもあります。ですが、施術当日の格好についての不安が大きい方はカウンセリング当日に施術を受けるのではなく、まずはカウンセリングだけを受けてみて、施術についてはじっくりと検討してみるという方法がおすすめできるでしょう。

全身脱毛では断然人気のミュゼ!

ミュゼプラチナムの評判まとめ
ミュゼプラチナムの広告を電車の中などで毎日のように見かける方が多いと思います。ミュゼプラチナムは数多い脱毛サロンの中でも知名度や人気度が抜群に高い脱毛サロンです。 「若い女性でミュゼの名前を知らない方はいないのではないか?」という感じの脱毛サロンです。2017年7月時点の東京商工リサーチの調べによると、ミュゼプラチナムは”顧客満足度”が4年連続、”売り上げ・店舗数”が6年連続で第1位...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする