額の産毛って自己処理は危険なの?みんなはどうしてる?

額の産毛をスッキリと脱毛すると垢抜けた印象の顔になりますので、意識して自己処理しているという方は多いことでしょう。

ですが、自己処理による額の産毛処理は、一歩間違えるとのちのちのトラブルに発展することにもなりかねません。

それでは、自己処理による額の産毛処理のリスク、そして、脱毛サロンで行われている額の産毛処理方法についてご紹介します。

自己処理でも額の産毛は取り除けますが…

自己処理で額の産毛を取り除く方法には以下の種類があります。

カミソリやシェーバーで剃る

産毛を根元から抜く方法ではありませんが、最もお手軽に額の産毛を処理できる方法であるため、この方法を実践している方は多いのではないでしょうか?

カミソリやシェーバーによる額の産毛処理のメリットは、なんといってもその場でムダ毛をなくすことができるという点にあります。

しかしながら、この方法による額の産毛処理を長期間続けていると、刃物によって刺激を受け続けた部分に色素沈着が起こることがあります。

額のお肌の色が変わると、顔全体がくすんだ印象になりますので、これだけは避けなくてはなりません。

カミソリやシェーバーは、上手に利用すればとても便利なアイテムではありますが、あまり頻繁に使用してしまうと、色素沈着という問題が発生する可能性があるということも知っておきましょう。

除毛クリーム

最近では低刺激性の除毛クリームが販売されていますが、どれほど低刺激であっても、薄い顔の皮膚に対応できる製品はありません。

除毛クリームは、塗って洗い流すだけというお手軽さから高い人気を誇っているムダ毛処理製品ではありますが、皮膚が薄い顔に塗ってしまうと角質層がアルカリ成分で溶けてしまい、大惨事にもなりかねません。

お手軽であったとしても、この方法による額の産毛脱毛は絶対にやめましょう。

ワックス

塗って乾かして剥がす、たったこれだけでムダ毛処理ができるのがワックスです。ワックスはその利便性から愛用している方は多いのではないかと思いますが、やはり皮膚が薄い顔の産毛の処理には向いておらず、ワックスによって刺激を与え続けてしまうと、これが色素沈着を作り出す原因になることがあります。

パック

産毛用の塗った剥がすパックで額の産毛を脱毛する方法です。

この方法は、上記でご紹介した方法よりもお肌への刺激が少ないと思われますので、セルフで額の産毛処理をするのであれば、最もおすすめできる方法であるといえるでしょう。

ただし、細かい部分のデザインを決めての脱毛は難しいというデメリットがあります。

サロン脱毛なら安全に額の産毛を処理できるの?

それでは次に、脱毛サロンで行われている額の産毛脱毛についてご紹介しましょう。

脱毛サロンでは医療レーザー脱毛の取り扱いはなく、フラッシュ脱毛のみの取り扱いとなります。

IPL脱毛

インテンス・パルス・ライト(略称・IPL)という弱いライトを毛根部分に照射し、少しずつ毛根組織の機能を弱らせる脱毛方法です。

IPLはムダ毛の黒い組織に反応を示す特徴を持つため、色素が薄い額の産毛に対する反応は弱いと考えられますが、この光にはお肌の美白効果も期待できるというメリットがあります。

この脱毛方法では、キセノンライトに分類される光を照射します。

S.S.C.脱毛

スムース・スキン・コントロールメソッド(略称・S.S.C.)によってムダ毛処理を行う方法です。

IPL脱毛では光を直接毛根組織に照射しますが、S.S.C.脱毛はジェルビーンズをお肌に塗り、その成分をお肌に浸透させることによって除毛効果を得ることができる方法です。

この方法はIPL脱毛よりもお肌が受ける刺激が弱いため、敏感肌の方にもおすすめできます。

S.S.C.脱毛にはクリプトンライトという光が用いられます。

これらはともにお肌への刺激が弱く、施術中の痛みが極めて少ないという特徴があります。

では、額の産毛処理ならどちらの方法を選ぶべきなのでしょうか?

実際のところ、これらの脱毛方法の効果の現れ方にはほとんど差がなく、好みの問題ということになります。

いずれの場合であっても、色素が薄い額の産毛に対する光の反応は弱いと考えられますので、ひとたび脱毛を開始したらじっくりと腰を落ち着けて、長期戦で取り組む必要があります。

これだけは知っておきたいサロン脱毛の注意点

脱毛サロンで額の産毛処理を行う際には、以下の点に注意しましょう。

脱毛範囲は慎重に決める

額は顔の印象を決める大切なパーツですので、慎重にデザインを決めてから開始する必要があります。

緩やかなカーブ

額の生え際部分に丸く緩やかなカーブを描くデザインです。最も自然なデザインですので、顔型を問わずおすすめできます。

富士額

額の生え際中央部部分に少しムダ毛を残す、富士山をイメージしたデザインです。もともと額が広い、あるいは額がやや前方に出ている方におすすめできるデザインです。

M字ライン

富士額とよく似ていますが、富士額よりも左右のM字ラインを強調したデザインです。やや個性的なデザインがお好きな方におすすめできるデザインでしょう。

いずれのデザインであっても、脱毛受ける際にはご自身でシェービング処理しておく必要があり、これを忘れてしまうと脱毛を受けることができないことがあります。

脱毛サロンで額の産毛脱毛を受ける前には、必ずご自身でデザインを決め、ミスをしないようにシェービング処理を行ってみてください。

また、デザインを決めてもご自身によるシェービング処理で失敗するのが心配…という方は、床屋さんに相談してみると良いでしょう。

床屋さんであれば顔剃りに慣れていますので、デザインを告げれば希望通りに剃ってくれるはずです。

脱毛サロンによっては顔脱毛に対応していないところがある

すべての脱毛サロンが顔脱毛に対応しているわけではなく、額のみ、口周りのみというように部分脱毛にしか対応していない脱毛サロンや、そもそも顔脱毛を受け付けていないという脱毛サロンもあります。

額の産毛脱毛を希望されるのであれば、必ずこの部分対応した脱毛サロンを探すことが大切です。

脱毛サロン・フラッシュ脱毛のメリット・デメリット

脱毛サロンのフラッシュ脱毛で額の産毛処理を行う際には、メリットだけではなくデメリットもあるということを頭に入れておきましょう。

それではまず、メリットの部分からご紹介します。

フラッシュ脱毛のメリット

まず、フラッシュ脱毛では医療レーザー脱毛のように高温でハイパワーなレーザーではなく、レーザーよりも温度が低くローパワーの光を照射します

そのため、やけどのリスクが低いというメリットがあります。

さらに、ローパワーの光の照射ではお肌が受ける衝撃が小さく、施術中の痛みが少ないというメリットもあります。

もちろん刃物も使用しませんので、傷ができる心配はなく、将来的な色素沈着の原因になることもありません。

フラッシュ脱毛のデメリット

では、フラッシュ脱毛にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

まず、額の産毛は体毛よりも色素が薄いため、体毛よりも光の反応が弱いと考えられ、脱毛完了までには長期間を必要する可能性があるというデメリットがあります。

そして、フラッシュ脱毛は永久脱毛ではなく、正確には除毛・抑毛処理に分類されていますので、脱毛完了後に額の産毛が再生してくる可能性があるというデメリットもあります。

フラッシュ脱毛にはメリットもデメリットもありますが、少なくとも、自己処理による額の産毛処理よりも、安全性という部分では高いと捉えることができます。

現在、額の産毛を自己処理しているという方は、フラッシュ脱毛のデメリットの部分もきちんと理解した上で、カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

まとめ

額の産毛処理は、自己処理でも手軽に行える、あるいは、わざわざ脱毛サロンに足を運ぶのが面倒などの理由から、自己処理を行っている方は多いと考えられます。

ですが、安全性を重視するのであれば、温度が低いローパワーの光を照射するフラッシュ脱毛のほうが、自己寄りよりも勝っていると考えられます。

脱毛サロンのフラッシュ脱毛にはメリットだけではなくデメリットもありますが、将来的な色素沈着などの肌トラブルを避けるのであれば、おすすめできる方法です。

ご興味がある方は、脱毛サロンでカウンセリングを受けてみて、額の産毛脱毛をじっくりと検討してみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする